teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


パトレイバーのチラシ

 投稿者:じまっく  投稿日:2020年 3月22日(日)01時44分18秒
返信・引用 編集済
  まさかさ、30年前に集めたものの続きが令和になって登場するとは思わなかったよね…


右が劇場版発表直後のもので、中が劇場公開前あたりのではないかと思う。
そして、左がつい最近の4DX版のチラシ。

右はゆうきまさみ先生によるラフで、中はその完成版。
キャチコピーは初期は「あいつは、きっとむかえにくる」となっていて、OVAが終わってしまって寂しい気持ちのファンを刺してきていて、これはこれで好きだ。
中のバージョンになると、劇中のセリフにコピーが差し替えられた。
この絵とこのコピーで感じる印象が、映画を見る前と見た後とで少し違う。
見る前には王道的なコピーに見えるけども、映画を見た後だとここのセリフが重い!
「……」の意味がわかってくるんだよね。
そして、正面でも笑顔でもないビジュアルによって、その効果が増すんだよね。
ついに劇場版!というタイミングで、98式でも、全員集合でも、王道ピンナップでもなく、余白たっぷりのビジュアルで打って出たところが好き。
公開が近づいて絵が完成されるなんて素敵じゃない。

…で、4DX版なんだけど、ほとんど全く同じレイアウトで高田先生が描き直している。
ネクタイの跳ね方すらそっくりそのまま。
ピンナップ的な笑顔に、体の汚れ程度が変更点か。
足元に「MASAMI YUUKI」と書いてあった箇所が「AKEMI TAKADA」となってるんで、レイアウトも一緒にしていることがわかる。
コピーも変わっていない。
いや、むしろそっくりだったからこそ収集欲が掻き立てられて、劇場までもらいに行ったんだけど(上映はまだ)

当時からそれなりに周囲にもいたので、俺だけじゃないよ!という言い訳を最初に言っておき、白状しよう。
パトレイバーはゆうき先生の絵が好き。
だからこのビジュアルが高田先生によって描き変えられていることが受け入れられない。

ただの再上映じゃないんだから、キービジュアルは新しくしようぜ!
という意図があったとしたら…確かに一理ある。
とはいえ、全くの新作じゃないんだから、さも新作みたいなビジュアルで気を惹くのは詐欺っぽいよね!と戸惑ったのであれば、それも正しい気がする。

汚れた野明を見て思うのは「最後のシーンの後だな!」って思うのね。
あ、あの最高のBGMが流れるあのシーンね。
つまり、ゆうき先生の絵はまだ事件が解決する前、不安を抱えた野明の絵であったとして、高田先生の絵は映画のフィナーレのイメージである…と好意的に受け取ろうと考えもしたんだけど…
コピーが合わない!ビジュアルのイメージとコピーが合ってない!
いっそ割り切って「アルフォンスはいつだって最高だよ!」と確信を持ったセリフにしたら合ってたかも。
暴走した新型をアルフォンスでやっつけた後だからね!

いや、いや違う…。この汚れは映画の最後のシーンをイメージしたわけじゃなく…4DX…4DXによる風や水しぶきによる臨場感を表していて、「4DXすげーな!キービジュアルまで寄せてきたな!」という事かもしれない。
…なるほど、新作ではないからぱっと見では同じイメージにしておき、よくみたら4DXによる効果が表現されているのはおしゃれかもしれない。
実際、映画の後半は嵐の中を戦うので、4DXを見たお客さんは、水しぶき、風、激しいアクションでボロボロになるのではないかと思う。
そしてこの野明のように思わず笑みが溢れるかもしれない。
つまりこの野明は、ゆうき先生が描いた劇中の野明の延長ではなく、観客側、我々サイドの野明のポジションで描かれたとも推測できる。

確かに、ゆうき先生の野明は”ひと仕事を終え、アルフォンスを見上げている”と見えるが、4DX版は「4DXで体感せよ!」というコピーを見上げている。
キャラの視線の先になにかを置くとしたら非常に大事な事だ。
このチラシで言いたい事はそれがメインである事に違いない。

だとしたらこのビジュアルはそもそもゆうき先生に描いてもらった方が良かったんじゃねーの?
って思うんだけど、なんとなくゆうき先生はそういう事をやらなそうな印象がある。
一度完成させちゃってるしね。
今ゆうき先生が描いたとしても、当時の絵にかなわない可能性だってある。
(いや等身が変わったというのもあるけど、当時描くときの想いとかの違いも含めてね)
いやでも、こんなそっくりそのままの絵を高田先生に描いてもらうってどーなのよ、失礼じゃないの?とも思うんだけど、どうも高田先生は過去にもゆうき先生の絵を高田風に描き直すとかはやってるみたいで、そこんとこ気にしないみたい。
漫画がアニメ化の際にキャラデザとして活躍されていたので、その辺りは抵抗ないのかな…。

ホントに全く邪推だけど、この提案を高田先生からした可能性だってある。
高田先生はパトレイバーに愛情があるはずだし、当時のチラシを持ち出して、これみたいな新しいチラシを作ろう!と言ったかもしれない。
このチラシには愛が感じられる。
だって…当時のチラシのレイアウトをここまで再現して、一体どれだけの人が「これは懐かしい!」ってなるの?
パンフ、ポスター、ビデオのパッケージならまだしも…。

ちなみに裏までそっくり。
残念ながらチケマガはないけども、レイアウトも使っている場面も同じ。
…だが、同じであるがゆえに気になってしまうのはヘッドギアの写真がない事だよね…。
違うのかもしれない、違うのかもしれないけど…
闇を感じてしまうよね。

4DXは過去に1度しか見たことがない。
去年観た「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」ってんだけどねw
逆襲のシャアが88年公開で、パトレイバーが89年だから、ちゃんと進んでる。
逆シャアでは全く水が吹き出さなかったので、パトレイバーはそこが楽しみかな…。

4DXってアレだろ?古い映画を見直すための設備だろ?
 
 

windows10

 投稿者:じまっく  投稿日:2020年 1月16日(木)00時41分11秒
返信・引用
  くそう・・あれだけしつこく言い寄ってきたwin10のアップグレードの誘いを断ったがために・・ついにやってきたwin7のサポート終了で涙目になってwin10の購入を検討する羽目になるとは・・
あの時は・・あの時はwin10の誘いを断る方がカッコいいという風潮があったんだ
あと、あまりのしつこさに、なにか裏があると思ったし・・
あの時誘いに乗っていればタダでヤれたのに・・くそっ・・!

って思ってたら、実は無料でアップグレードできたのね・・
あれだけしつこかったのに、win7のサポート切れ時には全然モーションかけて来ないのな!あやうく買うところだったぜ!
 

九龍城

 投稿者:じまっく  投稿日:2019年11月14日(木)02時27分36秒
返信・引用 編集済
  川崎のウェアハウスが閉店する前に、もう1度行ってきた。
夏にはナツゲーミュージアムも閉店してしまったし、寂しい限り。

とはいえ、川崎のウェアハウスは非常に行きにくい場所だったので、
過去に1度行ったきり。

入場無料でこんなエンタメ空間を提供するなんてすごい、と思ったものでした。
九龍城に行くことはもうできないけど、あの怪しい雰囲気を味わえて、しかもレトロゲームも揃っていてと、人に勧めたくなる非常に良い店舗だったのに、もはやそのウェアハウスにすら行けなくなるなんて残念。
 

セメダイン

 投稿者:じまっく  投稿日:2019年11月14日(木)01時58分44秒
返信・引用
  プラモやってた人ならさんざん匂いを嗅いだことがあるであろう、セメダイン。
私はいよいよそれを飲む機会を得た。
正確には、擬似的に飲む機会。
空腹を満たすために買ったこんにゃくゼリー(バナナ)がセメダインの味だった。
セメダインの味は知らないんだけど。
モデラーにおすすめ。
 

Re: (無題)

 投稿者:じまっく  投稿日:2019年10月16日(水)16時37分0秒
返信・引用
  本物…なのか?
ゴクリ…
 

(無題)

 投稿者:アヤナミッフィー  投稿日:2019年10月16日(水)16時34分58秒
返信・引用
  いつ見に来ても新しい書き込みが無いのですがじまっくさんはインターネットが苦手なのですか?  

似顔絵

 投稿者:じまっく  投稿日:2019年 8月16日(金)22時29分44秒
返信・引用
  絵を描くのは好きだったし、人の似顔絵を描くこともあったけど、
自分の顔を描いてもさーーーーっぱり似ない。
自分の顔の特徴がよくわからんの。
覚えている中では中学生の頃で、友人の描いた俺の似顔絵が酷い顔で、
「似てねえよ!」
と言った覚えはあるけど、自画像は描けないし、自分の特徴もわかってないのに、
人の描いた似顔絵に対して似てるだ似てないだと言えたものだったのかと。
以来も何度か自画像にチャレンジするも挫折。

少し前に「そうさめも」で、ファミ通の荒井清和さんが似顔絵をやってるとの情報を入手し、この人なら俺の似顔絵が描けるのかもしれない!と。
http://miki800.com/nigaoe_arai2/
サイトでスケジュールを確認するも、場所と日時はなかなか合わず。

んで、数日前に10年ぶりの友人、20年ぶりの友人と会い、当時の事やゲームの事、絵の事なんかを語っているときに「荒井先生が似顔絵をやってるみたいだから描いてもらいたいんだ!」と話していたら、その2日後にショッピングモールの似顔絵のブースで遭遇!
一度は通り過ぎたものの、「あれ?今の似顔絵のサンプル、記憶にあんぞ?」と戻ってみて興奮!本物だ!
即座に列に並びました。

絵描きさんは5、6名横に並んでテーブルを構えていて、その中の一人が荒井さんでした。
描いてもらってるのはどこも家族連れの子供達。
その時荒井さんが描かれているのは女の子…ですが、小さな子はじっとしてられないからでしょう、下を向いてずっとiPadを操作しています…。
出来上がった絵は見事、笑顔で正面の女の子!
…大変ですね。

で、私の番です。
「どんな感じに?」という質問に「ファミ通のレビュアーみたいに!」と回答。
実は荒井さんの所属している会社に写真を送って似顔絵を描いてもらうという方法もあるのですが、そちらのほうが少し割高。
直接描いてもらえるなら、安いですし、話もできるといいとこずくめ。
とはいえ…昔はファミマガ派、オホーツクもいたストも黒真珠もやってないので、できる会話を持ち合わせていないという…。
そんな私にも色々お話を振ってくださいました。

お勧めします。
※全身を入れるタイプだと表示価格より割増になるのでご注意を。

ちなみに似顔絵は大満足です。
本人は似てる、と思っていますが、もしかしたら
「本人が似てると思い込みつつも気に入られるような絵」
を描くプロなのかもしれませんね。

今年ようやく手に入れたアスキースティックと一緒に撮影。
(なんか自分の絵を額に入れると遺影みたいだな…)
 

日常

 投稿者:じまっく  投稿日:2019年 8月 6日(火)01時30分47秒
返信・引用 編集済
  少し前ね
アニメの円盤って高い!
と思いながらも、「日常」に関しては高いお金を払う価値を見出したというか、
買うことで誰かが報われるなら、って思って人生初のボックス購入をしたの。
(しかも、在庫置いてる店にも還元したいと、アマゾンで買うんじゃなくて、秋葉で探し歩いたの)

どこの会社がすごいだとか言ったってさ、箱になんの価値があるわけじゃなくて、人なんだよね。
だから人は、人を大事にしなきゃ。



というわけで、私は今もレトロゲームを集めていたり、レトロゲームで遊んでいたりするけど、
DL販売とか、ミニハードのリリースとか、新作だとか、リメイクだとか、レプリカだとかにはほとんど見向きもせず、当時のもので遊んでおります。

自分はメガドライバーで、価値のあるソフトもそこそこ手元に持っていたりするので、メガドラミニとか言われてもな~なんて思っていましたが、テトリスのリベンジと新規のダライアスという発表で即日ポチりました。

あのね、ミニ系ではセガが評価されてるけどね、実際ね、セガを評価する必要なんかないのよ。
あいつら、そもそもはATゲームスに丸投げしようとしてたんだから。
それを抗議したのもメガドライバー。
そしてそれを受け入れたのも、セガの中にまだ残っていたメガドライバー。
たぶん、エムツーもメガドライバーw
このお話、登場人物全員メガドライバーだと思っていい。

人なのよ。
 

時間

 投稿者:じまっく  投稿日:2019年 7月15日(月)21時45分27秒
返信・引用
  大人になると空き時間なんて全然ないじゃん。
今の時間の使い方はゲームに偏ってる。
ゲーム/パチスロ/絵/模型
このいずれかに時間を割くね。
それだって大した時間じゃないけど。

絵に関してはハマるIPがないから手が動かない。
ハマってるIPがあるとすればレトロゲームだから描くとしたらそれら?

模型も素組で終わっちゃってるシルフィードとか、
メタスラのミニプラを完成させたいと思っている。
 

なんとも言えない感

 投稿者:通りすがり2019  投稿日:2019年 4月29日(月)23時14分16秒
返信・引用
  低貸に来たら打ち倒そうと思っていた弥生ちゃんなんですが
中古相場がもうすでに5000円とか激安になってて悲しい
やっぱ液晶付ければもう少し寿命伸びたのでは(´・ω・`)

猛獣王、、サミーとユニバが合併会社を設立したせいか
サミーがもう全力でパクり演出ぶっこんでるイメージが
前作でもゴリラが思いっきりゴッド丸パクリでしたが
ツインエンジェルの次回作が発売したら、
弥生ちゃんと葉月が出てきそうな位な勢いですね、これは。
 

レンタル掲示板
/115