teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:28/1871 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Edgar Winter's White Trash -3

 投稿者:ム`川わにじ  投稿日:2018年 3月17日(土)21時30分9秒
  通報 編集済
   ホワイト・トラッシュについてエドさんはあまり語っていませんが,ジェリーさんとジョンさんのインタヴューが残されています.ジェリーさんのは本サイトに翻訳もあります.

 結成は何時だったかは不明ですが,冬の写真が多いので1970年から1971年にかけての冬ではないかと思います.ニューヨーク州のウッドストックに住み,エドさんとジェリーさんを中心に曲作りとリハーサルに励んだそうです.ジョン・スミスさんがおばあさんにメンバーの写真を見せたところ,一瞥で「あんたたちホワイト・トラッシュ(貧乏白人)の集団みたいだわ」と言ったのがバンド名の由来だったとか.

 最初は同地の健康食品のレストランでライヴをやり,1971年4月2日と3日,4月30日と5月1日にフィルモア・イーストに出演.初回2曲目に今回のボックスセットのタイトルにもなった「アイヴ・ガッタ・ニューズ・フォー・ユー」をやったらスタンディング・オベーションを受けたとジェリーさんは語っていました.ちなみに『エドガー・ウィンターとホワイト・トラッシュ』のリリースも4月だったそうです.https://www.superseventies.com/spwinteredgar3.html

 そしておそらく6月24日にフィルモア・イースト閉鎖前のコンサートに出演しました.この件については昨年3月7日の書き込みを参照してください.かくして『ロードワーク』にはフィルモア音源はなく,同じくニューヨークのアカデミー・オヴ・ミュージック(12月3日と4日)とアポロ劇場,LAのウィスキー・ア・ゴーゴー(10月6~10日)でのレコーディングとなりました.

 この後の詳細は不明ですが1972年3月に『ロードワーク』がリリースされました.確認された最後のライヴは5月6日のアカデミーでの2回目のライヴで,その後エドさんはグループを抜け,残ったメンバーはジェリーさんを中心に「ラクロア」という名義で活動を継続,ジェリーさんのソロ・アルバム『ラクロア』を制作します.ところが7月23日のシカゴのローズモント・ホテルでのライヴの後にボビーさんが暴漢に襲われて死亡するという悲劇が起こり,グループも解散してしまいます.

 他方エドさんはエドガー・ウィンター・グル―プを立ち上げ8月から9月にかけて録音した(Wiki)『エドガー・ウィンター4』(They Only Come Out At Night, TOCOAN)を11月にリリースし快進撃を開始します.


 http://blog.musoscribe.com/index.php/2016/08/25/the-edgar-winter-interview-part-1/

 http://swampland.com/articles/view/title:jerry_lacroix

 http://www.saxontheweb.net/Rock_n_Roll/Jon-Smith-1.html

[追記]RMIエレクトラピアノ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/RMI%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E
 
 
》記事一覧表示

新着順:28/1871 《前のページ | 次のページ》
/1871