teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 人民食堂【外野席】3(192)
  2. JOHN LENNON(1)
  3. ガガミラノ時計スーパーコピー(0)
  4. ブランド偽物ブランド激安(0)
  5. 人民食堂【外野席】2(995)
  6. (1)
  7. 人民食堂【外野席】(1206)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


あさんへ

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 8月12日(水)23時02分57秒
返信・引用 編集済
  ①寛容

寛容の大切さは賛同致します。

②べし

僕の「べし」は、~したほうがよい(適当)として使用しているとお考え頂ければ幸いです。

③カント

カントは、人間の意識まるごとを五感で感知できないと考えるかも知れませんが、人間は、言語(文化的DNA・・・meme)により、無意識の領域(直感)を感知し・・・切り開き・・・始めているのではなかろうか?

カントを物理学の一般相対性理論とするならば、ソシュールは量子力学の祖と考えられ、統一理論が待たれる所です。

量子力学は意識の問題にぶつかりますが、その解を得るインスピレーションの一端を、茂木さんの「クオリアと人工意識」は、与えてはいないか?と考えています。

詳細は読んでから・・・致します。

人間の未来について寛容さの必要性は生き残りのシミュレーション(ドーキンス・利己的遺伝子)からも伺われますし、高橋源一郎さんも声を大にして言っていますね。
 
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 8月12日(水)19時34分0秒
返信・引用
  いいのがありました

投稿者:「あ」とよばれしもの
投稿日:2020年 8月12日(水)14時16分44秒 返信・引用

小学生でもわかるカント哲学
https://www.youtube.com/watch?v=A4GLYXVRbWI
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 8月11日(火)14時55分24秒
返信・引用 編集済
  寛容か不寛容か

投稿者:「あ」とよばれしもの
投稿日:2020年 8月10日(月)22時59分17秒 返信・引用

 結局、ヤマさん、寛容でいられるか、不寛容をある程度(そんなことが可能なのか)制御してあるカテゴリーだけに適用できるのかってことなんですよ。

 「べき」ではなくて、というのは寛容こそ社会の靭帯だと考えることなんです。障害があろうと、ブスだろうと、ロリコンだろうと、犯罪者であろうと、このことだけは証しなければならない。ということに是とできるかなんす。

 結局、今、はっきりしたのは「不安」から「不寛容」に陥り、ファッショな行動を要求したり、要求に答えなければ、行動=暴力に訴えるって現状です。

 青森の早く帰れコメントに同情したり、共感したりするとんでもない愚か者が一定数いて、しかも、彼らは実は彼らの社会から不寛容に弾き出されているだろうことが予想される。

 そんなことは、いくらでも過去の歴史から導き出される人間的な行動なのに誰も何もしない。彼らとつながらない方が自分が安心だし、安全だからだ。

 生きていくだけなら年収100万で白米一年分をいくらでも確保できる。

 なのに、食っていくために働かなくちゃと言ってヒトは嫌々ながら働いている。
(ごまかしである。もっとよい生活をするために働いている)
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 8月10日(月)06時01分47秒
返信・引用 編集済
  あさんの
>
目の前の現実を見よ。そこから行動せよ。そして、自由というのは「よいことをするためにある」そのことは自覚せよ。
>
・・・同感です。

その上で、社会は、ツリー状からリゾーム状に変化して行くと考えています。

また、人間の発展は、天上から人間が吊り下げられているのではなく、地上から盛り上がってゆくものと考えます。

アリストテレスを振り返れば目的論的に社会が構築されて行くべきと考えますし、アリストテレスの時代、市民が政治に関与するには、家事をなす人間の奴隷がいなければならなかった、その家事は、現在、ロボット化が可能なところにきている。

さすれば、市民による市民の為の合意可能な社会を形成できる主発点(プラットホーム)になりはしないか、意識的にリゾーム状の社会の到来を予測するものです。

ウィトゲンシュタイン風に、「相対的に考えて絶望(諦め)あるいは、制御不能にも至らず、絶対的に考えて暴力(独裁)に訴えることもない社会」を未来の前提として考えてみたいのです。

僕の文面から、神やら王様が読み取れるとするならば、不徳の致す所です。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 8月10日(月)05時19分4秒
返信・引用
  ヤマさんへ

投稿者:「あ」とよばれしもの
投稿日:2020年 8月10日(月)02時42分55秒 返信・引用

 申し上げづらいのですが、ヤマさんの<だといいな><であるべきだろう>という思考の型は本当はすごく「悪」なのです。なぜかという話をします。

 結局、ヤマさんの「自然」はそのまま「神・創造主」と入れ替えることができるのです。

 人間よ、自然に帰れという言葉は文脈に左右されます。
ルソーのこの自然は手に負えない自分たちの土台という意味で、教育方法で人間は<みんな>良くなるのだ。などと考えるのは現実を見てないじゃないか。ということなんです。

 ところが、ヤマさんのは、それで、みんなうまくいくはずの所与として与えられている誰でもがもっているはずのものという意味で使おうとしています。

 それ神の国を実現しなければならない。そのためにヒトはいるのだ。ということと同じじゃありませんか。

 私は端的に目の前の現実を見よ。そこから行動せよ。そして、自由というのは「よいことをするためにある」そのことは自覚せよ。と考えているだけです。

 よい王様ならうまくいくと考えることは間違っています。よい、悪いは結局、王様として為したことで決まるのですから。原因と結果が転倒してます。

 王様がいなければならない社会に問題があると考えるべきなんです。(このべきは論理的必然の表現です。価値は含みません。)
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 8月 9日(日)19時24分50秒
返信・引用
  自由意志というクオリア

投稿者:「あ」とよばれしもの
投稿日:2020年 8月 9日(日)08時38分5秒 返信・引用

 これ言葉として何も言えてません。クオリアある言葉が曖昧であるがゆえに流通しているだけです。

 まず、自由意志とは、「自分の考えは自分の意志に基づく」あるいは「自分以外の何者にも限定されずに考えることができる」ということであり、犯罪でなければ(犯罪でさえも)自分で決めて行動できるという行動の自由のことではない。

 それが(もしも、文意があるとして)可能だと誰もが確信的に感じている(感じられる対象がクオリアである。赤さ、明るさ、強さ、弱さ、など)とはどう考えても言えそうにない。

 考えることはルールを見つけることだ。(比べること、マッチング、過去の体験からの類推しか実は考えるという工程には存在しない)そこまで限定的、決定的な事柄が自由であるなどとは、思えない。

 このことはウィトゲンシュタインが「私的言語」は可能か?という論考を展開していることと密接な関係がある。

 彼が問うたのは、純粋な内的思考なんて可能なのかである。他者を必要としない言語とは自分のための自分による言語であり、それは思考に使われるしかない。

 そういった意味でヤマさんが先にした投稿は、単に
我々は我々が現実と感じるものに思考でさえ限定されている。という一文でことたりるのではないでしょうか。

(茂木さんはページ数をかせがないとそもそも書籍という形で商売にはならないので、回りくどく書いていると思われます。そもそも茂木さん自身、それほど一生懸命研究している人物でもないかな)
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 8月 9日(日)19時09分27秒
返信・引用 編集済
  ひとりごと

投稿者:「あ」とよばれしもの
投稿日:2020年 8月 8日(土)10時55分57秒 返信・引用

 この掲示板(注1)の初期に進化とウィルスの関係で議論したことがある。

 学会で否定されているから、ウィルス進化論などとんでもだ。の一辺倒で根拠を示すことなく論破されたことになっていた。

 ウィルスを進化の主原因として考えることは確かに問題だろう。

 しかし、ウィルスのよって進化することはあると考えることのどこに問題があるだろう。

 ウィルスが遺伝子を媒介するという発想なら確かに、その可能性は薄いし、そのメカニズムをウィルスを体外のRNAと定義したところで難しいだろう。

 しかし、現状を見よ。我々が体験しているのは、ウィルスによる進化の強制そのものではないか。それさえも、自然淘汰の一種として考えれば、なんら問題はなかった。

 ともかく、専門家がこう言ってるからといって、よくわかりもしないのに、根拠として採用するのは人間性の問題だと思う。

 コロナウィルスの変異体も東京で発生していたらしい。
(結局、よそより、東京ではコロナは住みづらかったらしい。そのために適応が生まれたということだろう。)

 重症化しないための「遺伝子治療」なんか始めたら、気づかないうちに今の人間じゃない自分は人間だと思っている人間が増える。

 それでも、「人間」の概念を使って考えるだろう。

(注1)この掲示板→僕(ヤマ)とあさんとの元記事。
  https://8233.teacup.com/osayoku3/bbs
 

利き筋

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 8月 7日(金)22時24分53秒
返信・引用
  利き筋=「相手の弱点を顕わにする着点」とすればどうでしょうか。どんな碁形にも何かしら弱点があるとすれば、上手はそこを巧みに付くことができる人と言えるのではないでしょうか。  

Mariko 方法論と認識論 on Twitter より

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 7月31日(金)02時29分53秒
返信・引用 編集済
  Mariko 方法論と認識論 on Twitterより

読みながら感想文
『クオリアと人工意識』
    茂木健一郎著

第八章「自由意志の限界と身体性」

概要①
人間の意識は、身体性に影響を受けている。身体性は、自然現象の因果関係の限界の中にある。それでも、私達は、自由意志というクオリアを持っている。
それは、人間の良好な状態を
表す

概要②

意識が意志を持つ前に、
無意識は既にそれを準備している。私達は、意識の知らないところで、判断や選択をしている
無意識は、並列された様々な領域の要素を総合し、意識に、選択肢を提示する。

読みながら感想文
『クオリアと人工意識』
    茂木健一郎著

第八章「自由意志の幻想と身体性」

感想
人間が生物であるが故に、意識は生まれ、身体性という限界をもち、その身体性が判断や選択に影響を与えるということ。人を単純な計算式では判断できないこと、考えさせられます
 

制度と感じ

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 7月25日(土)00時16分42秒
返信・引用 編集済
  制度と感じ

今、世界は、現在の制度では治まらない感じを持っている。

その感じは、新しい制度のもとで養護されることになる。

その感じを語ることは、いかなる制度のもとなら許容されるかが問われるので、まず、その感じを語らなければ新たなる制度の姿は見えてこないと考えられるが、いかに。

その感じとは、天文学的な計算量による人工知能とは異質な知能と僕は考えている。

その感じは、人間の直感による質の問題と思われるからである。

カントはそもそもその感じ(クオリア)が何なのかを突き詰めてはいない。

この辺りカントを越える手掛かりとなし、人間とはなにか?を改めて考えさせられることになるだろうと思われるが、いかに。

それが人間として、人間の未来に思いを馳せる動機となろう。

つまり、自分とは何者かという永遠の旅に出ようという試みであると考えている。

あさん、人間の未来を考える意味は十分あると考えるのだが、どうであろうか?
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 7月23日(木)20時57分31秒
返信・引用 編集済
  ひょっと世の中の目にとまると 投稿者:ヤマ
投稿日:2020年 7月22日(水)17時14分39秒 返信・引用 編集済

あらぬ問題があってはいけないので、あさんに報告しておきます。

以前、何年も前だが、ここのやり取りを別のSNSに転載する旨、あさんにご報告させて頂いた。

今回も、下記SNSにて転載させて頂いています。
(事後報告で申し訳ありません。)

山田一郎の
①Facebook
②Twitter
③Ameba

ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

注)文章構成(段落その他)は主旨に齟齬を来さないよう慎重に行っていますが、もし、主旨と齟齬する場合がありましたら訂正致します。


あさんお示しの

>それより一人一人の個性=能力に応じて社会に貢献でき、社会は誰も見捨てないという単純に誰もが正義と考えられる社会を求める方が論理的ではないでしょうか。<

ここです。正にここです。

あさんは、とりあへず、倫理の問題をあげてくれています。

いかなる社会あるいは個人にその可能性を見いだせるか?

それが、僕のテーマです。

さぁ、始めて宜しいですか?


ヤマさんへ  投稿者:「あ」とよばれしもの
投稿日:2020年 7月23日(木)07時05分2秒 返信・引用
だから、それ、カント以上の議論が可能かってことです。
「実践理性批判」以上に思考できるか?
むしろ、実践理性批判を読み直す方がいいのではないか
と思います。


人間の未来はどうなるのがよかろうか?  投稿者:ヤマ
投稿日:2020年 7月23日(木)21時06分29秒   通報 返信・引用

人間の未来はどうなるのがよかろうか?

っての問題意識ですよ。

人間の発明による因果律になじまない計算上のなにか?
言うならば、アインシュタインの一般相対性理論を因果律と考えるならば、ボーアの量子力学は計算上のなにか?となろう。

この一般相対性理論と量子力学の統一理論が、未だ、構築されていない現在は、哲学上の論理と人間の持つ直感あるいはクオリアと統一した哲学が存在していないことと似ているように感じる。

ただ、カントをなぞるだけでは済まないように思われる。同様にアリストテレスから始めるのもよかろうが、2000年たった現在でも、未だ、アリストテレスを精査できていないと聞く。

そんなことを言っているんじゃないんだよ、あさん。

人間の未来をどうするのかなんだよ、具体的に。

あるいは、哲学的に「人間とはなにか?」と言ってもいい・・・。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 7月22日(水)08時45分20秒
返信・引用 編集済
  人間は環境を変えることで

投稿者:「あ」とよばれしもの
投稿日:2020年 7月22日(水)04時21分57秒 返信・引用

生存している。つまり、生物としての進化を否定する方向で現実と対応している。その結果、人間が適応するのは、人工的な<社会という自然>になっている。

人間は社会を進化させることで進化をデザインしようとしたと考えてもいい。

だから、今回のウィルス騒ぎでも結局、社会生活うんぬん
とか新薬開発(イノベーション)ということになる。

しかし、これ集約と累積が可能になったおかげである。
太陽フレアによって超磁気嵐が起こり、一切のデジタル
データーが吹き飛んだ場合、多くの集約と累積が失われ
書物しかなくなる。でも、まあ、生きてれば、なにかし
てるんだし、生き物が生きる意味なんてたいしてないか
ら進歩とやらが停滞しても死亡者数と格差が増えるだけ
のことだと覚悟すればよいだけかもしれない。

ちなみに、障害者っていうのは、人類の生物的進化の
失敗の現象です。(遺伝子的変性)進化の多くは、
環境に適応するどころがマイナスの特性をもたらすこ
とが生物史的に観測される事実です。進化がうまくい
くなんてことはほとんどなく、大抵は空振りです。
だから、自然淘汰という実に便利な考え方を
ダーウィンは持ち込みました。生き残った(適応した)
進化を見るとまるで意図がそこにあるように
みえる。しかし、現実の生物相ではそうではない。
だから、適応しなかった種は絶滅したと考えた。

元にもどって人間は社会を作って適応している。
だから、障害者も本来は社会を変えて適応させる
べきだ。けれども、無意識的にそうしないように
している。なぜなら、そうすることは、自分たち
現行のメインスピーシーズの生存を脅かすことだ
と直感しているからだ。

それがいいとは思わないが、どうして、そうなのかは
このように説明できる。あまりにも人間的だからだ。
その調整としての倫理の出番が要請されるべきである。
平等ではなく、公平という考え方こそその基準にされ
るべきである。
これまでの最大多数の最大幸福の実現という民主主義
的正義のあり方の変更こそ要求されるべきだろう。
ということです。ヤマさん。

障害を乗り越える…笑い

投稿者:「あ」とよばれしもの
投稿日:2020年 7月22日(水)04時27分54秒 返信・引用

つまり、障害=個性を目立たなくする。健常と変わりない性能を付与する。それ障害の否定ですよ。

障害者は普通の人になることが救い。ですか。それ正義ですか。

弱いものが強いものと同じように<働け、生きろ>それ標準だという考え方ですよ。

乗り越えとても便利な隠れ蓑です。努力でなんとかなるはずだとどう違いますか。

それより一人一人の個性=能力の応じて社会に貢献でき、社会は誰も見捨てないという単純に誰もが正義と考えられる社会を求める方が論理的ではないでしょうか。

労働の義務とか納税の義務とか義務と責任という実に支配するのに都合のいい社会的な概念を基準にしてませんかね。主権はわれわれにあったはずなんですが。

みんなが社会の発展についていけなくなる日

投稿者:「あ」とよばれしもの
投稿日:2020年 7月22日(水)04時36分9秒 返信・引用

がもうそこまで来ている。

そうなりゃ、みんな障害者。

最大多数の最大幸福で<共産社会>が誕生するってことです。

ああ、マルクスさん。それが幸せな社会とは彼は一言もいってない。

まあ、幸せなんて気の病。社会的洗脳でなんとかなっちゃうのでしょう。

今だって幸せ=家族という洗脳が十分効果的だし。
不幸が幸せだって見方ができれば、不幸こそが自分の人生を作るものだという至極当たり前の認識ができれば、随分楽なのに、他人と比較して幸福を見つけるものだから不幸しか訪れない。

ニーチェとカントしか生き残ってないし、彼らを越えようとする努力は実を結んでない。
 

あさんへ

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 7月18日(土)21時41分36秒
返信・引用
   人間は、発展しないと言っているのと同様ではないですか?

 障がいを持って生まれる人間にとって、人間の発展が無意味だと考えているのではないですか?

 人間の発展は、障がいを乗り越えるとは考えませんか?
ユニバーサルデザインの考え方が浸透しつつあるのでは?

 人間は発展しないと考えるより、逆に、人間の発展が遅すぎると考えてはどうでしょう。

 現在生きている人間にとって、人間のDNAとしての発展(進化)を待っていられないかも知れませんが、・・・

 人間の文化としてのDNA(いわゆるmeme・・・ミーム・・・文化的DNA)の発展は期待するべきではありませんか。

 どうでしょう。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 7月16日(木)00時31分55秒
返信・引用
  世の中(社会)が、行き詰まるのを社会は何かの生にしたがる。(魔女狩り)

社会の行き詰まり感を弱い者に転化するのではなく、強いと思われていた者の無能さ、不甲斐なさを社会は嘆くべきと考える。

強い者は、弱い者の為に強くあって欲しい。
 

【人間社会の進化についての考察・・・私案】

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 7月15日(水)22時32分29秒
返信・引用 編集済
  【人間社会の進化についての考察・・・私案】

まず、現状に対して(不快・不安・不満)を感じる人々の出現が前提としてある。

次に、問題を問題として提起する人間の出現、(言語的に意識下に置いた人間)

そして、問題提起に対してある解決策を提起する人間の出現、

ある解決策を実用化する人間の出現、

解決策の結果による淘汰。

最後に、調整する人間、つまり、社会の常識として認めさせる人間の出現。

どうだろう。
 

優しい悪魔・残酷な天使

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 7月13日(月)07時02分6秒
返信・引用 編集済
  ☆優しい悪魔・★残酷な天使


生を突き詰めれば、死に至るのだろうか?

死を突き詰めれば、生に至るのだろうか?


僕は、寸分違わず境界を歩くのだろうか?

珠に、どちらかに落っこちちゃいないか?


そういえば・・・ムニャムニャ・・・あ!
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 6月22日(月)02時08分1秒
返信・引用 編集済
  >たぶん世界一簡単な『純粋理性批判』からの学び方。
『純粋理性批判』イマヌエル・カント著

岡 敦
2019年8月8日

ダメだと思ったら、常識はずれでもいいから、正反対のことをやってみろ、という「コペルニクス的転回」。

「超越論的」にアプローチすること、つまり、「そんなふうに見えるってことは、いったいぼくはどうなっているんだ」と、それまで意識していなかった自分自身について、さかのぼるようにして考えること。<


真は認知の能力であるが、「そんなふうに見えるってことは、いったいぼくはどうなっているんだ」とカントが言う場合は、単に、真を求める機能が備わっているのではなく、自分の都合のよい・・・つまり、利に合う真を選ぼうとする機能ならば、脳に予め備わっているように思われる。

言語からみると、

「美善の真実を追及する」とは言うが、「真の真実を追及する」とは言い難い。

真は真か偽かであり、絶対的なものとして相対的な価値論からは切り離して考えるべきではなかろうか。

この真を認知するのに、自分に都合のよい真を選ぼうとする予め備わった機能が、社会的に受容不可と判断されるのが、認知症と考えられるのではなかろうか。

その自分に都合のよい真を選ぼうとする機能を利というのではなかろうか。

よって、カントは美利善を選ぶ(好む)のはなぜかと問うべきではなかったか。

それが、絶対でなければならない真に近付こうとする姿勢ではなかったか、と思われる。

どうだろう。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 6月16日(火)00時07分21秒
返信・引用
  カントとニーチェについて。

カントの価値論は、真・善・美

しかし、真か偽かは価値ではないと。

まず、価値は人間が判断する相対的なものでしかあり得ない。

真は人間の判断を許さない領域、つまり、再現可能な絶対でなければならない。

善と美は人間の判断による移ろう相対的なものである。

真とは、誰にとっても、真、・・・つまり、絶対なもの。

真は、真であり、絶対なものを価値に加えてはならない。善や美と同様に相対的な利と書き換えるべきであると。

今般、次亜塩素酸水の学校に於ける噴霧が話題になっていたが、企業にとっては、コロナに効果があるか否か、とか、人間に、害があるか否か、より、問題は、売れるか売れないかである。

要は、利害の問題であり、真か偽かは関係ない。

よって、カントの真善美は美利善に書き換えられるのが真である。

次に、ニーチェは、時間を永劫回帰と説くが、「対称性の破れ」から考えると、時間に「二度と回帰は訪れない」とするのが妥当と考えられ、ニーチェもすでに現在としては時代遅れの化石としか扱われないのではなかろうか?

当然、化石は化石として意味はあるが・・・。

現在、カントとニーチェに依拠するのはいかがなものであろうかと考えてみた。

いかに。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 6月14日(日)08時21分40秒
返信・引用
  脳なんでも相談室。これからの時代に必要な人材を
.なぁーくんさん



茂木健一郎先生こんにちは

私は20歳です。 茂木先生と尾木先生の「教育とは何?」は何度も読ませていただきました。
私には中学校高等学校の時、部活動と勉強に追われてこれといった実績や活動がありません。小学生の時は多くのイベントに参加していましたが中学受験をきっかけに参加しなくなりました。
過去を振り返った時、もっと活動をしていたらと思うことがあり後悔しています。
そこで私は、これからの時代に必要な人材をフィールドワークや生徒同士でディスカッションを通して考える時間や探究心を育てる場所を作ろうと考えています。考える時間や探究心を育てることで自然と勉強の大切さも解り自らすると思います。
これからの世界を担っていく子供達への教育は大切なものだと思っています。

この考えはおかしいのでしょうか?やはり日本は偏差値教育から抜け出せないのでしょうか?

長々とすみません、しかし日本を変えたい、子供たちの力を信じているからこそ疑問に思いました。



ご回答。



おそらくこの5年、10年で日本の教育は根底から変わると思います。



今の状況は持続不可能だからです。



その時に、さまざまな経験を積むことが子どもたちの成長にとって実質的に意味を持つだけでなく、「入試」の際にも参照されるようになってくるでしょう。



すべての入試がAOになる方向に変化していくと思います。



偏差値入試という文化は、ダサい、遅れたものになっていくと思います。



ですから、ぜひおやりになりたいこと、試みられてください!

nounandemo

脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 6月13日(土)18時51分32秒
返信・引用 編集済
   >大企業は1万1,000社、中小企業は380万9,000社で、そのうち中規模企業が55万7,000社、小規模事業者が325万2,000社となっています。
割合でいうと、大企業が0.3%、中小企業が99.7%と、世の中の企業はほとんどが中小企業であることがわかります。とりわけ、従業員が5名以下の小規模企業は日本の全企業数の9割弱を、また雇用の1/4をそれぞれ占めています。<


http://jobgood.jp/chusho

 >2019年平均の雇用者数は5,660万人(役員を除く)。そのうち正規の職員・従業員数は3,494万人で、前年から18万人増。非正規の職員・従業員数は2,165万人で、こちらは前年から45万人増となった。
https://webtan-impress-co-jp.cdn.ampproject.org/v/s/webtan.impress.co.jp/n/2020/02/18/35338?amp_js_v=a2&amp_gsa=1&&usqp=mq331AQFKAGwASA%3D#aoh=15920425682675&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&amp_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s&share=https%3A%2F%2Fwebtan.impress.co.jp%2Fn%2F2020%2F02%2F18%2F35338

 従業員5名以下の小規模企業は、日本国の雇用5560万人の1/4と言えば1390万人になります。
 

国家の責務とは

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 6月13日(土)01時07分12秒
返信・引用
  障がい児の親が、給付される給付金を親が障がい児のためばかりに遣っていない例。

とか、

今回の、事業者に対する給付金は青色申告してないと書類の不備になる。

国税まで行って確かめると、県民税、市民税を払っていれば青色申告していなくとも受け付ける旨、国から通達があるので、青色申告がなくとも受け付けてくれることを知らされていない点。

とか。

何人の事業主が、この青色申告していないことにより対象者じゃないと諦めているか。

この青色申告できるのは、正直者か、儲けているのを隠す為に税理士に高い顧問料を払ってでも国を誤魔化すことを考えている人間です。

たいていの小規模事業主がこの点で物怖じしています。

日本国はこの小規模事業主によって成り立っていることを日本国家は見捨てようとしています。

一体、統計に乗らない小規模事業主が何軒店を閉めるのか?

考えてみて下さい。

そんなに、現在の国家は甘くないですよ、国民に。

今のままであれば、次の、国政選挙で与党の敗北は明らかになります。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 6月11日(木)19時51分26秒
返信・引用
  日本国は、果たして、法治国家と言えるだろうか?

僕は、言えない。

書類国家とは言えていたような気もするが、それも怪しい。

日本の上部に行けば行くほど書類がなくなる。

書類が整えばお金が降りる管理国家と考える。

一般の民衆は、お役所の定める書類を揃えるのに、右往左往する。

書類が整わないばかりに泣き寝入りする庶民はごまんといよう。

たが、よく聞くと、そんな書類などなくとも受付ていたのに、などということを後から聞かされる。

めんどくさいことは諦める国民性なのであろうか?

一体、何人の国民が自分の権利を公的機関から奪われてしまっているのであろうか。

公的機関は国民に奉仕する義務がある。

国民が公的機関に奉仕する義務は納税と勤労、納税していれば、国民は国家から奉仕されなければならない。

それが、国民が国家に権力を与える唯一の根拠である。

その唯一の根拠すら国家はないがしろにするのであろうか?

それは、もはや、国家の呈を成さないと考えられる。

大丈夫か?日本、と言いたくもなる。
 

学生囲碁で、思い出すこと

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 6月10日(水)22時08分2秒
返信・引用 編集済
  学生囲碁で、思い出すこと

関東の個人戦1回戦で東大の団体戦の主将を努めるMさん
が会場に響き渡る声をだした。

「やっちゃた。」

僕は、日本大学の留年に留年を重ねた6回生、やっとこさ団体戦の五将に紛れこんだばかりで格が違った。

どやどやと人が集まり、盤面を囲んだ。口々に、

「ほう、やっちゃたね。」

Mさんはやおら席を立った。

僕は、考えてしまった。
あれ?、優勝候補のMさんに、僕が勝っちゃったら・・・

囲碁新聞になんて書かれるだろうかって。

Mさんが席に戻り、僕にお茶をどうぞと持ってきてくれた。

恐縮した。

結果は逆転負け。
大石を召しとり逆転しようもない局面から・・・

力の差は歴然としていた。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 6月 6日(土)17時55分2秒
返信・引用
  https://g.co/kgs/yp3Uvz  

社会と自分と子供

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 6月 2日(火)21時18分18秒
返信・引用 編集済
  社会と自分と子供(持続可能な社会に向けて)

自分の子供を社会で生きて行けるようにするのは、親の務めと考える。(親から引き離し、社会で育てる方がいいとも考えてはいるが・・・。)

しかし、親は、社会が子供に害するとき、社会から子供を守ろうとするのも当然と考える。

ある社会が、持続可能な社会か否かは、子供の親が、どのように社会と子供の間に関わっているか?に係っていると考える。

何れにせよ、親という仕事は社会から崇高な尊敬される仕事と考える。

まぁ、その前に、親になれるかどうかという問題があるが・・・。

ちなみに、僕は、自分の子供と接したことはない。

しかし、期間限定ではあるが、数多くの子供達と接しては来た。

小学4年生から高校3年生まで預かる進学塾を経営していたことがあるから・・・。

なんで、この子にこの親なのだろう?とか、この親に
なんで、この子なのだろうか?と思ったことは数知れずあった。

社会は、個人の為に存在すると考えるならば、子供の成長に係る責任を社会自身が今以上に考えなければならないだろう。

個人は、社会の為に存在すると考えるならば、尚更、社会は子供の教育・躾に関与するだろう。

僕は、社会は、個人の為に存在すると考えている。

つまり、社会の在り方を個人一人一人として考え描き合う必要性が今こそ問われているときはなかろうと考える。

持続可能な社会とは?

さぁ、話そう。・・・みんなで。!
 

国債発行について

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 5月27日(水)19時54分28秒
返信・引用 編集済
  日本国家の国債発行を憂いている人に。

確かに、家庭の家計簿と考えれば、大変なことと思える。しかし、日本国家は家計簿とは違う面を持っている。

日本国家は、お金そのものを発行できる。
日本国家に信用があれば、ではあるが。

ここに、日本国家の抱える少子化問題を加えると、消費者が減る(需要が減る)と考えれば、インフレは抑制されると考えるのが適当と考えられる。

嘗ての、戦後インフレが起こるという考え方、今回のコロナを戦争と考えるならば、(戦場になったのは病院である)少子化の現在、戦後インフレが起こるという考え方は、通用するだろうか?

問題は、日本国家の発行する国債を日本国民が買い支えることが出来るか否かにあろう。

ギリシャの破綻問題は、ギリシャ国民がギリシャ国家の国債を買い支えられなかったことにあろう。

日本国民には、ギリシャに於けるユーロという国家を越えた助賛先はない、と考えた方がよい。

アメリカがいるではないか、という人がいるかも知れない。
しかし、現在のアメリカは、他国を救済する力が果たして残っているのか?と言いたい。

未來の日本国民の頑張りは日本国家が存続することにより期待される。

まずは、現在の日本国民を守ることが、つまり、日本国家は国債を増やそうとも現在生きている日本人を優先するべきと考える。

よって、日本国家は、国債発行すべしと考える。

が、いかに?
 

そらそろ転居か?

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 5月24日(日)19時48分42秒
返信・引用
  台所の床が抜けた。  

感動、論理、行動

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 5月16日(土)19時38分14秒
返信・引用
   人間は、インスピレーション(感じ、あるいは、予感)と言語的論理型の両輪を駆使して、目の前の事柄を決して行動するかのように見える。

 自分が内包した自身の論理構造の更新を要求される事象に遭遇すると、あるインスピレーションが働くように感じる。

 そのインスピレーションの働きを強化するには、ギャンブルがいいと考えている。
で・・・。

 明日の競馬、ビクトリアマイル、僕は、荒れないと感じ、人気馬は3着以内に来ると信じた。・・・信ずる者は救われる。(^.^)

 三連単 ①・②・⑫ のダルマで買うつもりになった。ダルマだと6点、1点100円として600円の投資!

はてさて、明日はいかに?
 

ロックダウン

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 5月 8日(金)19時54分48秒
返信・引用
  日本に於てロックダウンの権限を行政は持つべきだろうか?  

エンディングノート

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 5月 8日(金)00時47分55秒
返信・引用
  毎日、エンディングノートを更新したい。  

人間と地球

 投稿者:ヤマ  投稿日:2020年 5月 8日(金)00時18分58秒
返信・引用
  ベーシックインカムを日本で行う為の条件

全世界の人間が、同等に近いインフラを持つ。

ただし、地球は悲鳴をあげよう。
 

ヤマさんへ

 投稿者:注釈の人  投稿日:2017年10月17日(火)23時37分51秒
返信・引用
  私は、あなたに私が書き込む場所を指示されるつもりも、誘導されるつもりもありません。
少なくとも、人が書き込む場所を選ばせず誘導しようとするあたり、マルクスのやり方そのものだという事が解りますよ。

>主義を超えたならば、下記あさんと交流されることを望みます。

これ、誘導ですよね。
私が誰と交流するのも自由ですので。
それに、この表現。
初対面の相手でなおかつ、マルクス主義の批判者に対して「主義を超えたならば」というのは不自然であり、失礼ではないですか。
上から目線でまるで「超えてない相手」を見下しているように見えますよ。
この時点で、あなたのやり方はマルクス主義の情報操作のやり方そのものなんですよ。
マルクス主義のやり方は、他者を自分より低い立ち位置だと印象付けるレッテルを貼り、自分が相手より上位だという印象付けを行ない、誘導しますからね。
マルクス主義の批判者に超える相手など存在する訳もなく、存在の問題点を批判するのみです。
私はマルクス主義の「存在の問題性」を論じている訳ですからね。
「超える。超えない。」を論点としていませんので。
論点を無理に逸らしていますよね。
何に偽装していても、マルクス主義のやり方は変わりませんから。
あなたが、ここの管理人かどうかは知りませんが、私はここが「創価学会とマルクス」というタイトルだから書き込みました。
書き込んだ理由もgoogleで「創価学会 マルクス」と検索しただけですよ。
誘導先は名前が「人民食堂」と変えられているようですが「創価学会とマルクス」では困るのでしょうか。
そして、このタイトルのまま私が書き込むと不都合な事でも起きるのでしょうか。
そのあたりのやり方が、やはりマルクス主義なんですよ。
私は自由主義者です。
納得のいく説明がない限り、誰の命令にも従う理由はありません。
あなたに管理人の権限があり、このタイトルで困るのなら、いつでもこの掲示板を削除すれば良いではないですか。
誰もここを使っていなかった訳だし。
ただし、私の書き込みを削除する以上、マルクス主義の側から命を受け、利敵行為としてマルクス主義と偽装対立をしている人物に見える事になるのは仕方がないですけどね。
その場合、目的は情報操作と誘導ですね。
16年ほど昔、創価問題新聞の草の根掲示板で、それをされたもので。
あの時は、味方から背後から撃たれる気分で書き込みをしてましたよ。
あそこの管理人さんもマルクス主義で、偽装で創価学会と対立してましたからね。

もし、ここの管理人さんが「幸福の科学」の会員さんならば、利敵行為としてマルクスを批判している事の立証になりますが。
大川隆法もマルクス主義の情報工作員だというのが私の見解ですので。
大川隆法も父親の代から、情報操作の為に宗教を演じろと命じられてたようですからね。
共産党の活動家の父の代から、情報操作の為にマルクス主義の批判している息子「大川隆法」。
経歴から、マルクス主義の命を受けた情報工作員だと解りやすいじゃないですか。
あなたの書き込みを少し見させて頂いたのですが、その会員らしい印象を受けたもので。
もしそうなら、あなたは完全にマルクス主義の情報工作員になりますが。
私「注釈の人」こと荒谷直人が身元を晒している以上、情報工作員なら「マルクスと創価学会」のタイトルで書き込まれては困るでしょうからね。
私は無神論者のマルクスの批判者なので、「マルクスの霊が取り付いて霊言として言っている」という類いの大川隆法のような利敵行為になる非現実的な批判はしません。
大川隆法の場合、第三者から見た時のマルクス主義の批判者全体の印象を誘導する事を目的としているだけに、こんなSFじみたマルクスの批判をする訳ですね。
他のマルクス主義の批判者も同じ批判をしていると印象付ける為にね。
念の為に、大川隆法の父が共産党だという事についての、あなたの感想を書いて下さいな。
これは、あなたがマルクス主義の情報工作員なら、どの部門に属するのかという確認でもありますけどね。
私の返事は少し遅れるかもしれませんが、お許し下さいな。
「注釈の人 洗脳方法」で検索して解る通り、基本は自分の立てたスレに書き込み、他のスレを周回しているもので。
ここも数ヶ月ぶりに確認しました。
色々な所に書き込んだ方が「マルクス主義にとって困る情報」の拡散効率が良いのですよ。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2017年10月 5日(木)01時09分21秒
返信・引用
  自分のできる範囲で、自分がベストと考えることを実行していくしかないのかもしれません。
 

下記 人民食堂 移転先

 投稿者:ヤマ  投稿日:2017年 9月27日(水)04時19分27秒
返信・引用
  新人民食堂板を作りました   投稿者:まっぺん   投稿日:2014年 1月18日(土)14時17分38秒


   ここはそろそろいっぱいなので下記へ移動してください。
明日あたり凍結します。

http://6244.teacup.com/mappen2/bbs

 

下記 あさん

 投稿者:ヤマ  投稿日:2017年 9月27日(水)04時13分33秒
返信・引用
     あさんとこ

http://8233.teacup.com/osayoku3/bbs?

 

注釈の人 さんへ

 投稿者:ヤマ  投稿日:2017年 9月27日(水)01時22分8秒
返信・引用
  書き込み ありがとうございます。

現在この掲示板は管理者腑行き届けにて制御不能です。

主義を超えたならば、下記あさんと交流されることを望みます。
 

マルクス主義の告発者は、マルクス主義の息のかかった組織に嫌がらせをうける

 投稿者:注釈の人  投稿日:2017年 9月 9日(土)00時38分35秒
返信・引用 編集済
  私「注釈の人」こと荒谷直人の父、「荒谷浩」が下記のページで紹介されているフセインやカダフィらと友達だった中村百合子先生の弟子だったという証拠となる資料を公開します。

過ぎ去りし日々を
http://capira.exblog.jp/9070896/

こちらが1978年に尼崎総合文化センターで開かれた、中村百合子先生の主催する青実会の洋画展のパンフレットの一部です。
この一枚の写真だけで、父が中村百合子先生の弟子だったという証明になると思います。

https://www.fastpic.jp/images.php?file=8520403760.jpg

今より38年ほど前、この展覧会に作品を出展した人物の内、中村百合子先生の海外旅行に同行したのは私の父も含め5~6人ほど。
そこからも、父の立ち位置が当時の青実会の中でも特殊だと解ると思います。
この関連の情報拡散と告発が、私が創価学会などのマルクス主義の息のかかった関係者から嫌がらせを受ける理由です。
こちらは「フセインやカダフィと知古を結んだ」と書かれた北朝鮮系のページです。

中村百合子さんを悼む(朝鮮新報という北朝鮮の運営するHP)
http://korea-np.co.jp/sinboj2000/sinboj2000-10/1011/54.htm

この関連の告発者である私は、マルクス主義の関係者、創価学会のような宗教に偽装した組織や、朝鮮総連などマルクス主義の本体、偽装、問わず、あらゆるマルクス主義の息のかかった組織から嫌がらせを受けています。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2017年 8月 5日(土)01時43分30秒
返信・引用
    あさんとこ

http://8233.teacup.com/osayoku3/bbs?


仰山(猫)さんとこ

http://8243.teacup.com/tamo2/bbs


パンダさんとこ

http://8816.teacup.com/mappen/bbs

http://6244.teacup.com/mappen2/bbs

 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2017年 8月 5日(土)01時42分3秒
返信・引用
  http://6244.teacup.com/mappen2/bbs  

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2017年 8月 5日(土)01時21分28秒
返信・引用
     あさんとこ

http://8233.teacup.com/osayoku3/bbs?


仰山(猫)さんとこ

http://8243.teacup.com/tamo2/bbs


パンダさんとこ

http://8816.teacup.com/mappen/bbs

 

マルクス主義の粛清部隊としての創価学会、及びマルクス主義関係組織の情報

 投稿者:注釈の人  投稿日:2016年 7月 2日(土)14時31分49秒
返信・引用 編集済
  いつも他の掲示板にて、尼崎市内の尼崎総合医療センター前にある県営住宅の402号室から、マルクス主義関係組織の情報を書かせて頂いている、HN「注釈の人」こと荒谷直人と申します。
マルクス主義は現在、批判者に対しての粛清部隊として創価学会を使っています。
私のHNを調べて貰っても解る通り、私はカール・マルクスの批判者です。
そしてその粛清部隊として創価学会が使われています。
昨日もPM10時に寝たのですが、先程のAM1時30分に超音波のような騒音で下の302号室の創価学会員の人に起こされました。
相変わらずマルクス主義の上層部は、支配下の宗教を捨て駒にすればどんな非人道的な行為も誤魔化せると思っているようです。

最近、マルクス主義の上層部は私の流した情報に焦っているようで。
この前、久々に朝鮮新報に載ってあるはずの、私の実の父、荒谷浩の絵の師匠である中村百合子先生のページを確認したら削除されていたようです。
やはり、私の父の師匠がフセインやカダフィのお友達だと困るんでしょうね。
私自身が自身の個人情報を晒しているだけに。
これだけで15年前に私が「注釈の人」として、創価問題新聞の草の根掲示板や2ちゃんねるなどの各掲示板に書いた事の証明になりますので。
ここでもマルクス主義関係の人は監視を命じられてると思うので、マルクス主義の上層部に15年前と同じ質問をさせて頂きます。
私が5才ぐらいの頃、父はこの中村百合子先生と「絵の修行」と称して、その弟子としてフランスへの旅に同行しています。
他の弟子含めて5人ぐらいで。
その弟子の中には父の現在の再婚相手も含まれています。
(当時の名前は佐々木典子さんと言いましたかね。)
このフセインやカダフィに顔パスで会う事の出来た中村百合子先生という人物と父が何をしにフランスに行ったのか、教えて欲しいものです。
返事が返って来たとしても、情報操作の為の嘘で返すのでしょうけどね。

そういえば、この掲示板のレイアウトも創価問題新聞の草の根掲示板に似てますね。
あの掲示板は黄色でしたが、懐かしく思い、彼らの情報と、彼らに対しての質問を書かせて頂いています。
もっとも、こんな書き方だと質問も第三者にとってはマルクス主義関係組織の情報ですけどね。


 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月13日(金)02時16分27秒
返信・引用 編集済
  人間の未来について  投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 9日(月)14時37分51秒

ここに言い尽くされているかも知れない。

人工知能が隆盛する近未来は、人間が人間に回帰する時代
「茂木健一郎」
http://ironna.jp/article/3253?p=1



 個性とは、人工知能に近い表現で言えば、生きる上での「資源」の配分戦略のことである。そして、注意や努力といった資源をどのように配分するかは、まさに人それぞれであり、どれが正解だとは一概には言えない。


 例えば、仕事に打ち込んで、会社での出世競争に勝とう、という方向に資源を配分する人も入れば、仕事はほどほどで、その分、余暇にエネルギーを注ぎたい、という人もいるだろう。それぞれの個性のどちらが生きる上で有利かということは、そう簡単には言えることではない。

 仕事はほどほどに、という人は、会社での出世はできなくても、趣味のサークルで知り合った人から、新しい仕事のヒントをもらうことがあるかもしれない。素敵なパートナーとの出会いもあるかもしれない。そもそも、仕事人間よりも幸福かもしれない。

 人生という「不完全情報ゲーム」(状況を判断するのに必要な情報が、完全には与えられていないゲーム)においては、一つの基準で、点数をつけることなどできない。

 人工知能の発達により、ある特定の基準で点数がつくようなことは、機械がやってくれるようになっていく。ペーパーテストで決まるような入試に合格する能力は、間違いなく陳腐化し、市場価値も下がる。一方、そう簡単に何が良いのかわからない「人生」という「不完全情報ゲーム」における「個性」の意味は、人工知能の時代だからこそ、ますます重要になる。

 結局、個性を磨くしかない。しかも、その場合の正解は一つではない。「みんな違ってみんないい」という命題が、心温まる「ちょっといい話」だけではなく、理論的な裏付けのある戦略論となる。
 ようこそ、正解のない、素晴らしい人生へ。人工知能が隆盛する近未来は、結局、人間が人間に回帰する時代なのだ。


>結局、個性を磨くしかない。

僕もそう思う。





茂木さんは結局何もいえてない  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月10日(火)04時53分8秒

例えば
茂木さんの研究対象には
知的障害をもつ人は対象になってない。
情緒に障害がある人は対象になってない。

<健康な>脳しか相手にしてない。

しかし、<健康>とは単にマージナル
によって定めるしかない。

できないのも個性
障害も個性である。

じゃあ、障害が利得になるだろうか。


頑張ろうといっているだけじゃないだろうか。

歴史は馬鹿のしでかしたことを常識人や
賢い人間がフォローする形ですすんでいる。
だから
事件なのであって
事故なのだ。
民主主義になるにしたがって
国家的なその割合は減っている。
馬鹿な組織とか
になっている。(テロとの戦争とは
その程度のことだ)

だから
馬鹿との付き合いは日常に降りてきている。
馬鹿を排除しないで
これからもやっていけるかどうかである。



あさんへ  投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月13日(金)00時33分11秒

どう答えようか考えて見た。

障がいも個性と答えると・・・単なる美しい言葉(現実は?)に過ぎない。・・・となる。

昔の、「同情するなら金をだせ。」を思いだす。

対立が前提の究極の言葉であろう。

僕が言ってるのは、対立などなかろうと言っている。

これからの未来には。

つまり、能力差と言う言葉の次元が現在と異なることに他ならない。
また、なにを、能力と認めるかも問われよう。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月13日(金)02時11分7秒
返信・引用 編集済
  <h2 style="padding: 0px; margin: 0px; display: inline; color: rgb(0, 0, 0); font-family: 'MS Pゴシック', sans-serif; -webkit-text-size-adjust: auto;">
茂木さんは結局何もいえてない</h2>
投稿者:「あ」とよばれしもの 投稿日:2016年 5月10日(火)04時53分
8秒




<table border="0" cellpadding="1" cellspacing="2" width="100%">
<tbody>
<tr>
<td align="left" valign="top">
<tt>例えば
茂木さんの研究対象には
知的障害をもつ人は対象になってない。
情緒に障害がある人は対象になってない。

<健康な>脳しか相手にしてない。

しかし、<健康>とは単にマージナル
によって定めるしかない。

できないのも個性
障害も個性である。

じゃあ、障害が利得になるだろうか。


頑張ろうといっているだけじゃないだろうか。

歴史は馬鹿のしでかしたことを常識人や
賢い人間がフォローする形ですすんでいる。
だから
事件なのであって
事故なのだ。
民主主義になるにしたがって
国家的なその割合は減っている。
馬鹿な組織とか
になっている。(テロとの戦争とは
その程度のことだ)

だから
馬鹿との付き合いは日常に降りてきている。
馬鹿を排除しないで
これからもやっていけるかどうかである。
</tt>
</td>
</tr>
</tbody>
</table>

 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 6日(金)21時55分3秒
返信・引用
  あと宇宙の膨張はエントロピーでは説明できません。  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 6日(金)06時55分10秒  

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 5日(木)23時50分46秒
返信・引用
  ヤマさんへ  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 5日(木)11時36分33秒

結論から言えば
進化論は何も言えてません。
ゾウは生き残り
ナマケモノは生き残り
シーラカンスは生き残り

つまり、<進化>は生き残りとは
無関係です。

ただ<そうなった>という事実
そして、それは生き物の機能の変化
ということは累積するだろうという
推論の確からしさを議論しているだけです。

結局、生命というものは生き残ろうとする。
そのプロセスの中に進化とよばれる事項も
繰り込まれているのだ。そして、生き物は
結局、つながりの中で生きているのであって
単体の変化が生存という事実に及ぼす影響は
少ないものだという事実です。

総体としての生命のあり方こそが本質です。
それは、社会構築的なのであって、進化しようと
して進化をしてもまったく無意味なことです。

そして、人間はこの総体としての生命に繰り込まれるので
はなく、脳が描いた社会的つながりの中に繰り込まれて生きて
いるわけですから、地球という生命の総体を食いつぶして
次の星へ行くのか、生命の総体に取り込まれて人間という存在を
やめるかのどちらかで中途半端はありません。

これは人間とは何か
生命とは何かを徹底的に考え抜けば誰でもが到達する結論です。

折角リンクしたのに見てなかったのですね。
人間が主体としての人間になった(脳にとって都合よい環境や
社会を生み出そうとする存在になった)とたんに加速度的に
人口は増えているです。この時点が人間が自然から乖離した
歴史的地点であり、それ以前にはもどりようもありません。

ヤマさんは将来役に立つから勉強しろというのですね。
間違っています。
じゃあ、病気の子供たち、難病の子供たちは
明日死んじゃうかもしれないから勉強しなくてよいという
ことになりますよね。

勉強は<今を生きる>ってことですよ。将来何て何も関係ありません。
むしろ
モラトリアム=学生時代という社会制度が<将来のために>と言わせている
だけです。

それは<選択の問題>に過ぎません。人生はいつもトレインスポッテング
ただそれだけです。

教育と将来は実は何の関係もありません。
関係づけたいのは、国家であり、社会です。
(一定の習慣を正しいこととして身に着けていれば、まとめて処理しやすい。
 一定の行事や言語を自分のものとして認識していれば、民族は成立する。)

これもまた人間は自然ではなく、社会に繰り込まれた存在であることの証拠です。
社(人間)会こそが正しい表記といえるでしょう。

安倍政権は教育には手をつけてません  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 5日(木)12時13分20秒

石原都政の方が為政者の恣意性が前面に出てましたよ。

しかし、
民主党政権下において教育の大転換が起こったせいで
与野党逆転してもその改革をすすめるしか行政には選択枝が
ないのです。
それは
<障害者権利条約の批准に向けて動いたのは民主党政権で、そ
の後、与野党逆転が起きたが、この政策課題については大きな
意見の相違はなかった。また、公明党はもっとも熱心に動いた
政党であり、自由民主党・公明党・民主党の党派を超えた協調で
批准されたということもできるだろう。>

なんのこっちゃわからないでしょうが。
簡単にいうと
障害は社会参加ができない理由になっているのは
国の責任だ。という条約に日本は批准したのです。

だから、普通学級に小児麻痺の子が勉強したいと申し込むと
拒否することができません。麻痺に対応できるように学校が
できるだけ工夫し、無理なことは無理ですと伝えることは
するけれど、その子が普通学級で学ぶことは学校側からは
阻止することはできません。

つまり、今までの<学級>も<学校>も実はいまや、ひっくり
かえっていて、今までの学級観が通用しなくなってます。
そんな事態に全国的になってないのは
日本人のもっている「いじめ体質」のせいです。
個の権利よりも全体の利益という志向は
全体の不利益になる個への配慮を除外しようとしたがります。
それが実は「いじめ」の本質です。学級という組織が安定するために
スクールカーストが自然発生するように、不安定こそ排除されている
対象なのです。
http://www.huffingtonpost.jp/hajime-yamada/post_6368_b_4410007.html

このような環境下において戦前的な修身など教えることは不可能です。
(法律違反になりますよ。滅私奉公なんて障害者はとびこんで死ねと解釈すべきことです
 から)
http://spotlight-media.jp/article/216407293497937576

そんなこんなで
安倍さんは教育には実はノータッチです。
というか
全くわかってないでしょ。あの人は…
https://www.kyobun.co.jp/news/20151222_03/


あと宇宙が膨張するということも理解してません。  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 5日(木)13時52分46秒

半可通が一番問題だと思うんです。

実は宇宙の大きさは
<わかってない>
なぜなら今、宇宙の大きさといっているのは
地球から観測可能な範囲を表現しているだけだから。

宇宙全体の大きさについては 大きくなっている速度の変化から
予測するしかありません。

しかし、大間違いがあります。

宇宙が膨張してようと
それぞれの恒星系 惑星系で働いている物理系は
何も変わらないということです。

難しい言い方になりますが、
膨張しているのは空間であって中身じゃないんですね。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0506/bb.html

いい加減な勉強は一番 迷惑かもしれません。
根気が足りない!
わからないものはわからないといい続けることが大事じゃないでしょうか。


認知についても誤解してます。  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 5日(木)13時55分47秒

入ってきた知覚情報パターンを知っていることと比べているのが
認知です。

ただそれだけのことです。

知っているの中に「ことば」の構造が影響したり、ゲシュタルトが影響したりします。
つまり、脳が作り出す部分ですね。

わかるというのは単純に同じか違うか判断できるってことです。

進化=生き残りと考えるのは社会ダーウィニズムの影響  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 5日(木)14時03分31秒

生き残ったから
合理的なのだ。

社会的な言い訳にしたい。

強いものが生き残るのだ
だから
資本家は強大でいいのだ。
その方が生き残れるのだ。

これは進化論とはまったく
無縁の言説です。

しかし、一般的に進化論って
こういう扱いを受けています。

もう一度いいます。
進化と生き残りはまったく関係
ありません。
どんな進化をしても
それが環境や生態系にマッチして
なければ<自然選択>されてしまいます。

(どうして、中ぐらいのくびのキリンはいないのか
 という説明がなぜか、くびの長いキリンはくびが
 長いから生き延びたという理由付けになってしまうのだろう。)
(別に首が長くても生き残れない場合はいくらでもある。)
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 5日(木)23時33分13秒
返信・引用 編集済
  未来について語ることを予測というのでは?  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 5日(木)04時25分52秒

ヤマさん
ヤマさんのそういうところは
なかなか理解されないと思います。

人間に未来はありません。
(国語的な意味だとこの未来=希望のもてる明日という
 意味のニュアンスがありますね)

四苦八苦のやりくりしかありません。
類としては、もう限界を超えました。

現在、人口は73億人を超えてます。
http://www.arkot.com/jinkou/
マルサスの人口論が無意味だといわれるようになったのは
技術革新(文明の進歩)によって
食糧生産が増大可能になったからです。
(視点を変えればリソースの振り分けを変えれば食料問題は
 解決すると思えるようになった。)

しかし、リソースは有限だ。という当たり前のことは
解決してません。
だからこそ
乳幼児の死亡率が高い国は決まった国々ですし
文盲率も同じようなものです。

われわれはそうじゃないだけです。
それは、たまたまです。
だからこそ
人間の未来などという暢気な話題を口にできるのです。

このようなことから
人間の未来を語るような人間達に未来なんてないと
結論づけておきます。

何度もいいますが
自分の目の前のことが全てです。
ゴミが落ちていたら拾いましょう。


予測ではないとなぜ僕がいうのか  投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 5日(木)07時04分9秒

現在と過去で充分未来を語れる。
現に、あさんも「未来は四苦八苦のやり繰り」と結論づけている。
恐らく、未来予測を沢山読んでいるのでしょう。
マルクスの「資本論」しかり。
マルクスの予測は最も資本主義の発達したイギリスから社会主義国家となるでした。
結果は、資本主義がマルクスを取り入れ資本主義の延命を果たし、個別に社会主義国家を築いた国家群の沈滞及び独裁化による崩壊でした。

そのような予測をしたいのではありません。

現在ある理論の中で、特に、(物理学・進化論・脳科学)がさし示す生命科学から未来を語りたいのです。

取り分け、進化論にてシュミレーションされる生き残り戦略。

そこから、結論づけられているもの。

簡単に言えば、宇宙は膨張を続けるから人間の形態では人間が生き残る環境自体が無くなる。

これは、予測ではなく結論(決定事項)です。

この結論(決定事項)は如何にという話です。

また、脳の認知とはなにか?

未来に於ける社会変革を語るのではなく、未来に於ける人間存在のあり方(予測ではない)を考えたい。

何故なら、そこにこそ、現在なされる子供たちへの教育の視点を見るからです。

安倍内閣による時代錯誤教育をどうにかしなきゃならんのじゃないですか?

どうでしょう。
 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 4日(水)22時31分20秒
返信・引用 編集済
  社会的コンセンサスは構成不可能  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 4日(水)07時26分11秒

ここでいう構成とは構成主義(社会構築主義のこと)である。

社会構築主義の焦点は、個人や集団がみずからの認知する現実の構築にどのように関与しているかを明らかにすることである。このため、さまざまな社会現象が人々によってどのように創造され、制度化され、慣習化していくかが問われることになる。社会的に構築された現実は、絶え間なく変化していく動的な過程として捉えられる。現実を人々が解釈し、認識するにつれて、現実そのものが再生産されるのである。


つまり、行為が標準になるのであって、標準にしたがった行為があるのではない。
語ることによって、語られる対象が社会的に存在するようになるのであって、
存在するだけでは、社会的には存在しないのと一緒である。

だから
ヤマさん。ここで語ることによって存在しうるものは
あくまでもヤマさんと私の間にだけです。
したがって
社会的コンセンサスにはなりえません。
だからこそ
マスコミやツイッターなどの流言化するメディアの方が
コンセンサスを作り出しているといえるでしょう。

こよく(こどもうよく)の人が朝日新聞を批判する
理屈は理屈たりえてませんが、批判の対象としては
彼らの立ち場からは、全く間違ってません。
(都合が悪いから黙れは理屈になってませんね。
その都合が一部の立場にとってでは、なおさらです。)

マズローを援用したのはまだよいとして  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 4日(水)07時42分3秒

自分の命は大切だ。と他人の命も大切だ。は直接的に
関係しません。

転んだら痛かった(自己の経験)
○○くんが転んだ。○○くんは痛いのだろう。(他者への類推)
ところが
○○くんはすぐ起きて、また、走り出しました。
転んだら痛いということは、○○くんにも私にも当てはまる
普遍的な判断だといえるでしょうか。

ここで賢い子が気づくのは、感じ方はみんな違うということで
痛いか、痛くないか、転んだらどうなるのかではありません。

つまり、大切さなんてものを当てにして理論は構築できないのです。
それはモットーです。(信念)

自分の命も蝿の命も同じように価値がないと考えたって別に
かまわない。

したいから分析したマズローはだから理論的にはつまづいている。
本当は
さけたい。逃げたい。から分析すべきである。

そうすると、欲求なんてものは二つしかない。

不安からの逃走。悲しみからの逃走だけである。

死ぬのが不安だから生きるのである。
体が成長してしまうのが不安だから
考え方も成長させようとするのである。

くびになるか不安になれば
誰もが働く。
自己実現なんてもののために
働くのはお門違いである。

マズローよりエリクソンの方が的を射ている  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 4日(水)07時46分19秒

詳細は「:en:Erikson's stages of psychosocial development」を参照

エリクソンの心理社会的発達理論


年齢

時期

導かれる要素

心理的課題[1]

主な関係性[2]

存在しうる質問[2][出典無効]

例[2]

0?1 歳 乳児期 希望 基本的信頼 vs. 不信  母親 世界を信じることは出来るか?  授乳
1?3 歳 幼児前期 意思 自律性  vs. 恥、疑惑 両親 私は私でよいのか? トイレトレーニング、                                 更衣の自律
3?6 歳 幼児後期 目的 積極性  vs. 罪悪感   家族 動き、移動し、行為を行ってよいか?
                       探検、道具の使用、芸術表現
6?11 歳 児童期 有能感 勤勉性  vs. 劣等感 地域、学校
             人々とものの存在する世界で自己成就できるか? 学校、スポーツ
11?19 歳 青年期 忠誠心 同一性 vs. 同一性の拡散 仲間、ロールモデル
                 私は誰か? 誰でいられるか? 社会的関係
20?39 歳 初期成年期 愛 親密性 vs. 孤独 友だち、パートナー 愛することが出来るか?
                 恋愛関係
40?64 歳 成年期 世話 生殖 vs. 自己吸収 家族、同僚
                 私は自分の人生をあてにできるか? 仕事、親の立場
65歳 - 成熟期 賢さ 自己統合 vs. 絶望 人類 私は私でいてよかったか?
                 人生の反響

そのことの実証が現在の「アメリカ大統領候補選挙」です。  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 4日(水)10時32分56秒

これも予測や情報に対する
人々の行動によって起きている。

トランプがどんな人物で
どのような「政治的手腕」をもって
いるかということは全然関係ない。


「まさか」に対する態度だけが
この事態の原因であり、そうさせたのは
メディアの情報、口コミネットワークの体質である。

予測はこれと同じことだ。

ヤマさんは単に向こう岸で
おもしろそうとやっているつもりかもしれないが
どっぷり
こちら側です。おもしろいなんていってられるのは
他人事だからです。

日本で、福祉に携わりたいなら  投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 4日(水)22時20分43秒

エリクソン・ピアジェ・フロイトは押さえておかなければならない。

予測は人口知能がやってしまいますよ。

予測ではありまでんよ。

僕があさんと語りたいのは。

「人間の将来について」です。



 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 3日(火)23時50分11秒
返信・引用
  雑記)日本経済が困っていると喜ぶのは不謹慎?  投稿者:「あ」とよばれしもの  投稿日:2016年 5月 2日(月)05時36分30秒 返

円高、株安だという。
円安、株高でウホウホだといっていたのは
そんなに前の話じゃない。

その株高は政府誘導のもの
(税金を使って行われたということ
正確には日銀だが、金を使うようになると
現金が足りなくなる。現金を刷ろう。を
現金を刷って、現金が余れば、使うだろう
に読み替えて市場に貨幣を投入した。この
裏づけになる経済活動が行われなければ
意味のないインフレーションになり、賃金
が上がらず、物価が上昇する。結果として
税金が減り、税金の使用の機会が増えると
いうことになる。)

アベノミクスのおかげで日本の経営は健全に
なっただろうか?
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/010.htm

アベノミクスは税収に影響してない。
消費税据え置きによって消費税収益が増えた。
法人税は軽減されたので、減った。
儲けた人がいっぱいいたはずなのに所得税は
馬なり上がりである。

なのに
東京オリンピックだの
防衛費の増加だの
金は出て行くばかりである。
安部はアンダーコントロールといったではないか。

しまいには、
また、アメリカに日本はアメリカから儲け過ぎている。
とこんどは貿易ではなく
為替で注目されている。

その金はどこへ行った。
タックスヘイブンか?

だから
富裕者優遇の経済政策は国家の台所には
得にならない。

しぼりとります。の宣言もむなしい限りである。

そういった意味で日本の貧乏人は
株価が下がり、円高になると微妙にうれしい。
(食い物や石油の値段が下がるからだ。)


うんうん  投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 2日(月)23時21分10秒

そういう方向でお願いします。

あさん。

優先順位 No.1  投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 3日(火)23時40分34秒

“自分の生命は全てに優先される。”

と仮定すれば、

“他者の生命も同等の価値がある。”

ことを認識する。

それは、自分と他者を同等に扱う第2の自己の存在を認めることと同値。

第2の自己を理性(社会性)と考えるならば、第1の自己に理性(社会性)はないのかとなる。

よって、マズローの欲求5段階説を受け入れられない。

何故なら、第1の自己に既に理性(社会性)がなければ、自己を優先するなる社会との対峙を前提とした認識には至らないからである。

マズローは自分の生命の安全を確かめた後、社会的欲求として親和性(集団の中へ)が発露されると考えている。

個と集団を切り離して結論づけたところに問題があろう。

で、あさんお示しの経済学であるが、どのような社会を目指すのかは個々の人間の立場が規定することを考慮に入れるならば、やはり、来るべき「人間の未来について」のコンセンサスがなければならないのではなかろうかと考える。

さあ、話しましょう。「人間の未来について」。

あさん。

 

(無題)

 投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 3日(火)23時43分22秒
返信・引用
  バランスが取れていると考えていいものやら?
(^-^)
 

優先順位 No.1

 投稿者:ヤマ  投稿日:2016年 5月 3日(火)22時57分50秒
返信・引用
  自分の生命の安全は全てに優先される。

問題は、自分とはなんぞやである。
 

レンタル掲示板
/13