まいたけ-クリエイト

Mi-Take BBS (掲示板)
Audio/Camera/Car etc.に関するちょっとした気付きなど気軽に 意見交換等できればと BBS準備しました。 DAC基板に関する質問や改造事例、隠し技など 大歓迎です。 

 
Mi-TakeのWebは こちら です。


カテゴリ:[ 趣味 ]


11件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[12] RE:AK4480 全部載せ基板

投稿者: マイタケ 投稿日:2017年 6月23日(金)17時18分51秒   通報   返信・引用   編集済

.

hullhouse73さん ご提案ありがとうございます。

AK4480 digikey在庫無くなりましたか。
1ヶ月前には、1000個位はあったんですが。

さて、

  >> 1枚基板全部載せ「AK4480+LPF+制御MPU」希望

とのこと、結構厳しいですかね~
現在の試作基板は、こんな感じです。

   V3.2制御基板+AK4480DAC基板 接続状態
  


   単品基板 2枚の状態
  

基板を 2個1にすると 接続コネクタが不要になる分、土地(基板スペース)は
空きそうなので 機能も絞れば 可能かも。

考えてみます。
暫しご猶予を。


では、では。







[11] へーベル化成DACは在庫なし?

投稿者: hullhouse73 投稿日:2017年 6月23日(金)13時25分25秒   通報   返信・引用   編集済

AK4480の流通在庫が無くなったようです。
先週ぐらいまではdigi鍵でも売ってたのですが ! !

写真の例では、制御が別基板?
1枚基板全部載せ「AK4480+LPF+制御MPU」希望です

^o^ ^o^ ^o^ ^o^ ^o^






[10] N-30のDACは AK4480

投稿者: マイタケ 投稿日:2017年 5月25日(木)10時27分39秒   通報   返信・引用   編集済

先日ジャンク箱を片付けていたら パイオニア N-30 のDAC基板が出てきました。
N30は健在で、DACをPCM1794に置き換え PCMのハイレゾ音源再生に重宝してます。


     N30 のオリジナルDAC基板 表面
  


   オリジナルDAC基板 裏面
  


さて、N30が使ってたDAC IC は旭化成のAK4480というチップですが datasheetを
見直してみると、[fs:30kHz~216kHz][32bit][S/N:114dB][電圧出力] のスペックです。
BurrBrown(BB)のDACラインで言うと PCM1791 (24bit S/N:113dB) 相当
といったところでしょうか。

しかし目に付いた特徴がありました。 なんと DSDモードでも ATT調整が可能とのこと。
BBの PCM1792/1795/1796/1791系は DSDモード時には 電子ATTが効かないため、
どうしても 別途音量調整用の VR か 電子VRが必須ですので コンパクトな作りに
しようとすると何かと不便でした。

N30オリジナルDAC基板の音が不満だったのですが使用オペアンプは NJM4580です。
無難な選択ではありますが 試しにこれを

  1. OPA2604に換えて聴いてみたところ 「う~む良さそう」
  2. NE5532でも結構「行けそう」

てな訳で、AK4480を使ったDAC基板を作ってみました。
AK4480は 既に旭化成の現行DAC商品ラインから消えかかってますが まだ流通在庫が
ありそうです。 最新型の AK4495/4497 は先の楽しみとしてとっておきましょう

リセット関係の処理を若干勘違いしてたので、基板の修正が要りますが基板完成です。

     AK4480 DAC基板
  

オペアンプを好みのモノにすれば、なかなか使えそうです。

もっとも パイオニアご推薦の NJM4580 の音も好み次第でしょう
「蓼食う虫も好き好き」ではあります。蓼食べ過ぎて道を踏み外さぬよう

      参考  P社 事業方針資料  IR資料として公開されている資料です







[9] USB Camera

投稿者: マイタケ 投稿日:2016年10月25日(火)09時06分32秒   通報   返信・引用   編集済

.

Amazonであるものを探していると、タイムセールで Web camera がお買い得!!
との情報が。 探していた物とは 全く関係ないものでしたが 「残り時間あとわずか!」に
誘われて思わず 「ぽちっ」としてしまいしました。

普段でも¥2500位で売っている品ですのでタイムセールでなくても買えるんですけどねぇ

罠 罠 罠に落ちそう   いえいえ既に落ちたでしょう!

さてさて、使ってみると 意外と使えるかなぁ と。

  キボード上の照明スタンドに取り付けた様子
 Bredg_ST71

動画は、1280x720 静止画は 640x480でキャプチャできます。

  静止画キャプチャ例
 Bredg_ST71
周辺をカット(トリミング)しただけの撮って出しです。
まぁ 行けそうな感じです。

なにせ常に手元を撮ってることが出来ますので、ちょっとした小物などをwebで
紹介・更新する際に手軽に使えると思われます。 動画も手軽に公開できると便利なのですが、
youTube等を経由しないでwebに直接貼り付けると「互換性」が問題になるようなので
簡単な方法を模索中です。 「この方法が簡単」等、お薦め手順があればお教え下さい。


.



[8] バックロードホーンの拡張

投稿者: マイタケ 投稿日:2016年 9月 3日(土)14時33分43秒   通報   返信・引用   編集済

荷物の段ボールを片付けていて ふとおもいつきました。
バックロードホーン拡張実験にこの不要な段ボールが使えたらとってもハッピー ! と。
加工も簡単で、失敗しても元はゼロ。

早速やってみました。
特に設計もしないで、箱の開口部に現物合わせでやったので 30分位で完了。

こんな感じで、段ボール製の拡張ホーン(30㎝ぐらい)をポートに突っ込んだだけの
自分ながらも呆れる形状ではありますが。
Bredg_ST71

周波数が 92Hz が 75Hz位 に変わりました。
Bredg_ST71

へ~ぇ、こんなんでも効果があるんだ、と感心。

APB-3によるインピーダンス測定、音質判定と相関があるかどうかは別として
理屈が目で確かめられるというのは興味深い測定法といえるでしょう。
トランスのインピーダンスもそれなりに測れるので自作屋さんにお薦めです。

さて拡張ホーンですが暇を見つけてもう少しまじめに両ch分作って試聴して見ましょう。





[7] Re: インピーダンスアダプタ ST-71追試

投稿者: マイタケ 投稿日:2016年 9月 2日(金)16時57分54秒   通報   返信・引用   編集済 > No.6[元記事へ]

お世話様です。
インピーダンスアダプタの基板は少数しか作りませんでしたので
頒布予定ありません。 悪しからず。
/* マイタケ */


> APB-3の記事、興味深く読ませていただきました。
> インピーダンスアダプタは基板化されてるように見えますが
> 頒布の予定などありますでしょうか
>



[6] Re: インピーダンスアダプタ ST-71追試

投稿者: 通りすがりのハムおじさん 投稿日:2016年 9月 1日(木)13時27分38秒   通報   返信・引用   編集済 > No.5[元記事へ]

APB-3の記事、興味深く読ませていただきました。
インピーダンスアダプタは基板化されてるように見えますが
頒布の予定などありますでしょうか

---以下、引用------
> APB-3用のインピーダンスアダプタ用の ST-71が入手出来たので、
> TpB202から置き換えて動作確認しました。



[5] インピーダンスアダプタ ST-71追試

投稿者: マイタケ 投稿日:2016年 8月19日(金)11時18分16秒   通報   返信・引用   編集済

APB-3用のインピーダンスアダプタ用の ST-71が入手出来たので、
TpB202から置き換えて動作確認しました。
 Bredg_ST71

TpB202から ST-71に置き換えてみると少し不安になります。
コアサイズがちっさい ・ ・ ・
基板は ST-71用に設計してますので収まりが良いのは当然ですが、
動作は大丈夫かしらと思ってしまいます。

早速、先日測ったスピーカーを接続してデータをとってみました。
 FE103_ST71

先日のデータとほぼ相似のデータが取れた様ですので
ST71でも十分使い物になることが確認出来ました。
絶対値は若干異なってる様ですが、測定条件を気にして揃えたワケでもないので
まぁ良しとしましょう。


データ例オマケ:
試聴用に使っている ALTEC620(604-G)の特性も測ってみました。
ケーブル(BELDEN8470) 5m込みのデータです。
 ALTEC 804G

さすが、38㎝は伊達じゃ無いですね



[4] バックロードホーンのインピーダンス

投稿者: マイタケ 投稿日:2016年 8月16日(火)12時28分10秒   通報   返信・引用   編集済

夏休み明けに測定しようと、APB-3用のインピーダンスアダプタ部品手配していたのですが、秋月に発注していた分はまだ届いてませんでした。 秋月分のST71 トランスが無いので、手持ちの TpB202(タムラ)を代用しての測定です。 ちょっと贅沢ですので、ST71 が来たら交換予定です。
APB3

さて、測定結果ですが ちゃんとバックロードの負荷が効いてるようなインピーダンス曲線になりました。
91Hz位にバックロードの負荷が効いているようですが低域fcは贔屓目に見て120Hz位でしょうか。山が低いので効果の程は少な目と思われます。
 BLH
   (青:インピーダンス  赤:位相)

被測定スピーカー (Strere誌2015年版BOX + FE103)
 BLH

へ~そうなんだ、と思いつつも比較対象がないとすぐには納得出来ませんので、
FE103 を小型密閉箱に入れた Fostex GS100の特性もとってみました。
 GS100

なるほど、密閉箱ならこんなもんでしょうか。
 GS100_impeedance

「APB3 + インピーダンスアダプタ なかなかやるな」 ということで、
次の図は、バックロードホーンの開口部を閉じた時の特性です。 バックロード分の山が無くなり
箱の中の仕切りのためか、共鳴が発生しているような面白い特性になってます。
 BLH_Close

APB + アダプタは結構遊べます。
特性と音との相関関係はまだ頭に入ってませんが おおよそ想像が付きそうですので
吸音材の追加や スピーカーの交換等、ちょっとした改造時の 「論理的裏付け(自己満足の後ろ盾) 」には使えそうです。


データ例オマケ:
ツィーター(+2.2μF)を追加して2Wayにしたインピーダンス特性です。
ツィーターで高域のインピーダンス上昇が抑えられてることが分かります。
(赤:FE103のみ、 青:5HH10ツィータ-追加)
 Tweetor



.



[3] インピーダンス アダプタ

投稿者: マイタケ 投稿日:2016年 8月 8日(月)07時48分20秒   通報   返信・引用   編集済

ブログに APB-3用のインピーダンスアダプタについて掲載しましたが(Aug.7,1016)、その具体回路です。
APB-3を使う関係で、入出力端子がグランド共通になるため、アイソレート用に 1:1のトランスを入れた回路となります。 秋月で 山水のST-71を扱ってますので その辺がお手頃。

夏季休暇前に 50Ωの抵抗やトランス、BNC端子等 手配しておきましょう。



http://www.mi-take.biz/MyBrog/myBrog_index.html



[2] BBS始めます

投稿者: マイタケ 投稿日:2016年 8月 5日(金)16時19分9秒   通報   返信・引用   編集済

mi-takeです。
Mi-Takeの Webに BBSを設けようと 色々画策していたのですが、使用している サーバーの CGI制限やら メンテの煩雑さなどから ギブアップ。 こちらに お世話になる事としました。 ムダに「広告バナー」も表示されない お手軽情報コーナー スペースとして運用していく予定です。

昔、昔 パソコン通信といえば BBS でした。他の人の投稿を眺めるだけで投稿しない人のことを ROM と呼んでました ・・・ 等々。 懐かしい BBS 是非参加下さい。


バンドルネームは、当方が「あぁ~ ano人かな」 と想像・連想できると楽しいかも。
当方は マイタケ で出ています。


<参考>
◆ BBS:電子掲示板 Bulletin Board System
 


11件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.