teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


独り言

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 1月20日(金)00時01分22秒
  さるこの庵にまた捨て猫が。幸い里親を探してくださる方がいたのでことなきをえました。
猫が一匹ふえたために、立ちゆかなるかもしれない庵の実情を思うと溜息が。
一匹ぐらい、こんな沢山いるんだから少しぐらい増えてもと考える人がいることは本当に
残念です。これが原因で崩壊すれば、庵にいる猫や犬たちはどうなるのだろうか。

以前同じようにで捨て猫を面倒みているお寺がテレビにでました。住職は若い修行僧の方
達に猫の世話をまかせておられましたが、その猫たちを目当てにお寺にくる人たちも
大勢映っていました。住職さんはにこやかに里親探しや手術をし寄付でまかなっているような
こともおっしゃっておられまたが、場所もわかっているだけにこのお寺もかつてのさるこの庵
のようにはならないだろうか。

どんどん犬や猫をすてられて、ここで引き取ってもらえなければ保健所にもっていくしか
ないと脅し文句までかけられる。そんなことも思ってしまいました。

みている限りでは悲壮感もなく、経済的にお困りのようでもない。
さるこ庵は寄付がたより。借金をずっとかかえて生活している。
この違いはなんなんだろう。
毎回たまっていく借金の額をみる限り、このまま存続していけるのか。
今少しづつ支援をはじめていますが、支援者が増えてくれることを思って掲示板の
トップに載せています。


 
 

地域猫

 投稿者:かずみ  投稿日:2016年11月28日(月)21時33分44秒
  まだ写真を載せてない猫が三匹。

近所で猫のケンカの声が。もしかしたらあらたなのら猫がと思ってしまいます。
こういう猫は餌場にあらわれやすい、ただ仲間になれるかどうかは別問題。
できれば餌場に定着してもらい手術できればそれが最善。
あとは餌やりさんの報告がたより。やはりいつも餌をやりトイレを世話している
人たちがいるからこそ手術ができる。

餌場の猫の数はなぜか大体同じ。猫が死んでもまたそこにあらたな猫が加わる。
もちろんゼロになった餌場もあるんだけど、私が活動できるうちに二つの餌場を
なくしたい。
もう個人で初めて15年以上。
最初に手術した野良はもう一匹もいないけど入れ替わり立ち代わりもう少しで100匹に
なるかな。これからは増やして世話できないなら不妊手術は絶対という社会常識に。
猫は完全室内飼いが社会常識に。

数が増えれば餌代もかかるし、環境も悪化する。NHKで猫増えすぎで崩壊した家庭をみたけど
それはひどいありさまだった。二匹が80匹にもなるなんて。
まるで廃墟のようで、家族4人と猫80匹でくらしているとは信じられなれない思いでテレビを
みてました。猫のフンやごみがたまった部屋。なぜ掃除をしないのか、台所は使っているとは
思えないほどの荒れよう。 ボランティアが入って掃除をし、獣医師が無料で手術をしていた。
最初の二匹を手術していれば、お金をおしまなければ、手術がかわいそうという間違った
認識がなければこんなことにならなかったのに。
鳴き声、匂い、家族崩壊 経済破綻 近所からの苦情、これらを経験しないとダメなのだろうか。


 

みいちゃん

 投稿者:かずみ  投稿日:2016年10月28日(金)00時21分55秒
  掲示板に記載したみいちゃんですが、手術成功したのですが、その後容態が悪化して
虹の谷に旅立ったそうです。先ほどサイト確認いたしました。
ご冥福をお祈りしております。


 

地域猫

 投稿者:かずみ  投稿日:2016年10月17日(月)20時59分1秒
  私が担当している地区の地域猫 新参猫を一匹ゲット。二か月前くらいからいついて
いるようす。かなり人なれしていて、飼い猫だったことは間違いなし。
毛の柄がアメショー風です。もしかしてミックスなのかも。子猫ではなく大人猫なのに
ここまで育てて捨てるかな。それとも迷子。知人のマンションで室内猫が逃げ出し
まだ見つかっていないと少し前に連絡もらったばかりです。こういう猫は餌をとるのも
難しく、猫の仲間に入れてもらうのも難しい。この猫も餌場で先住猫に威嚇されて、一匹
だけ少し離れた所で餌をもらっているそうです。


今家のまわりをウロウロしている首輪をしている飼い猫。
これがなんとロシアンブルーそのものの毛色。こういう猫を外にだすとは考えられない。
外にだせば、ノミ、シラミ、病気などをもらってくる確率は大。
ついでに、どこを歩いてきたかわからない。ばい菌いっぱいの前足、後ろ足かも。

猫は完全室内飼いが常識となる世の中に。犬が鎖につなぐのが常識であるように。
最近は犬の大きさに限らず、室内で飼う人たちが増えてます。
ペット=家族であるということなのでしょう。
動物たちが最後まで家族とともにいられるようにと願うばかりです。


 

さるこの庵

 投稿者:かずみ  投稿日:2016年10月 5日(水)21時28分45秒
  さるこの庵のかか様から猫のみいちゃんの支援のはがきを頂きました。こちらのお寺は心無い人たちに捨てられた犬猫を保護したところ、メディアにとりあげられ、その影響はそこに捨てる人たちが増えたという状況でした。あの当時300匹前後だったでしょうか。お店で廃棄されるお弁当を人間も犬も猫も分け合って食べていたという悪環境。その後ボランティアが入り支援する人たちも少しづつ増えて存続しています。しかし私を含めみな結婚や環境の変化で支援する人たちも入れ替わっていき現在に至ります。住職がなくなりかか様おひとりでお手伝いのアルバイトさんと一緒に動物たちの一生をみとってこられました。今現在何人の支援者がいてどの程度の収入があるのか現在の未払いの金額をみる限り溜息しか出ない状態のようです。私も微力ですが支援を再開しようと思います。
 

しのさんへ

 投稿者:かずみ  投稿日:2016年 7月19日(火)19時04分41秒
  こんにちは 譲渡先も吟味しないといけないですね。 もらってくれる人が動物にとってよい人ばかりとは限りませんものね。とりあえずトライアル期間と、譲渡先のお宅訪問を取り入れれば、ある程度防ぐことができるかもしれません。
猫ちゃん見つかるといいですね。大人猫の場合お試しの時、室内飼いは必須でそれができる方という条件をつけた方がいいと思います。私も近所の野良を室内飼いでならしていたとき、よく脱走されました。いつも逃げる隙ねらってますから。地元なので、元の場所に帰っているので探すのは楽でしたが。譲渡先では、発見は難しいことが多いです。

ブリーダー問題も法律での規制が一番効果的だとは思いますが、こちらは議員さんの協力いりますしね。

私がお世話になっている病院も時々譲渡をしていますが、こちらは手術代とワクチン代を前払いで頂いています。先生いわく猫はタダですがしっかり飼ってほしいから、最低病院でかかる費用を頂いているのだそうです。といもよい制度だと思います。病院だからできることでもありますが。こういう条件をよしとする方は猫を捨てたりはしないと思うのです。

 

かずみさんへ

 投稿者:しの  投稿日:2016年 7月18日(月)18時04分17秒
  返信ありがとうございました。
多数の犬猫フェレットなど譲り受けたと判明した先から取り返して見えました。
それはもう譲られたであろう動物がどんどん死を迎えても平気な飼い主だったそうです。
トライアルを設けて他の方へお話を進めたら、大人っこを譲り受けたのに
他の子は出ないからという理由で窓を開けていた・・・逃走して今、散々探しています。
彼女はもうこの子はわが子にしますと責めに責めていました・・・。

劣悪な環境でブリーダーに繁殖されて、いざとなると半額セール。
あり得ないです。法律の前に人の心を整備していきたいですね。
犬のおトイレのマナーはとてもよくなりました。
やれば出来ること、なのだとも思います。
 

しのさんへ

 投稿者:かずみ  投稿日:2016年 5月25日(水)22時00分54秒
編集済
  お返事遅くなりました。 今現在の状況では増やさないための手術は必要だと思っています。しのさんの言われるツイッターの方でいっぺんに沢山の犬や猫を貰い受ける方疑ってしまいますよね。長い時を一緒にすごす動物たちです。かかる費用や手間などを考えるとそんなに同時に
貰いうけることができるものなのかと。相手の方の家にお届けされて環境をみることは必要かもしれません。普通は頼めば飼う環境を見せていただけます。私はトライアルもうけてます。飼い主さんがこんなはずではなかったとかやっぱり無理だとか。色々あります。
譲渡した先で猫が無事でどんな風に暮らしているのか見せて頂き、そのうえで納得できないようであれば返してもらうよう交渉されるといいと思います。
今日はNHKで売れ残った猫や犬などを買って劣悪な環境で繁殖させる業者の問題を放送するようです。ブームの中で飼い主さんが決まった動物は天国。売れ残った子は地獄。
かわいい時期は短く三か月くらいまでが売れ筋。売れ残った動物たちはどんな末路をたどるのだろう。将来はお店からの購入ではなく、ブリーダーとよばれる、犬猫にとって環境のよい所で育った所からしか購入できないように法律できまるといいなと思います。
 

猫の保護と譲渡について

 投稿者:しの  投稿日:2016年 5月19日(木)23時06分52秒
  かずみさん、お久しぶりです。
野良猫の手術には同意しない子猫の譲渡のお話、その方に対して譲渡先を探しても毎年、毎回頼られるだけで責任感がないと思います。私もその方ではお手伝い出来ない、と思う。

最近ツイッターで猫の里親探しをしてお渡ししたら相手は翌日にも別の人から3匹、フェレットや犬なども同じように譲渡をいっぺんに受けた方がいた。相手はなぜそんなコレクターのようにいろんな動物を集めたか知らないけれど・・・猫を譲渡した方はとても後悔して返してもらえるように行くとのこと。

猫がもてはやされている今、なんか少し歪んでいるというか・・・
猫はいぬより手間がかからず可愛い→安易な里親になりやすい・・・のかも。
相手の家に確認に行くとか色々と必要なんですよね。どこまで出来るか、
トライアルが設けているかとか。
里親の譲渡契約書まで見ないと保護主さんの方の内容全部は見えませんが
嫌な思いをしても次の子を保護して続けている彼女をちょっと偉いと思いました。

猫を保護した、この後の今回の行動で彼女が自分をとても責めていました。
やめずに続けていける強さがある人だったので、猫も返してもらうまであきらめないと
いっていらっしゃった。こういう強さが猫ボラには必要だと思います。
 

小鳩

 投稿者:かずみ  投稿日:2016年 4月14日(木)20時37分9秒
編集済
  猫サイトなんですが、私の管理者特権で、猫関係と同時に今現在進行形で発生している
出来事を記載しました。はあー動物は動物でも鳥とかかわることになるとは思ってなかったです。
会社で伸びすぎた木を切っていたら、鳩の巣と小鳩と卵が落ちてきました。ついでに親鳩も。
同じ木の所にカゴをかけて、壊れた巣のかわりにして、小鳩を中にいれて、親鳩が子鳩に
気がついてくれるように様子を見ていたら、親鳩が巣をかけた所をのぞいていました。
今日で一週間、なんとか無事に育ってくれているようです。カラスにみつからないように
切った木でカモフラージュをしたり。毎日一回様子をみていますが、子鳩は少してをだすと
つついて威嚇してきます。無事に巣立ちを迎えてくれますように。
もし親鳩が育児放棄したらと思い、鳩のサイトをしらべまわり、ついでに鳥もみられる
獣医さんを調べていました。おかげで知らなかった鳩の生態をある程度しることができました。
野鳥を愛する人たちの気持ちがちょっぴりわかったような気がします。
 

レンタル掲示板
/43