teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


のら日記

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 5月29日(月)20時58分59秒
編集済
  月曜日

餌やりさんから何度も電話やメールがはいる。猫のケージの掃除の手伝いと手術をどうするのか
確認に。結果他の獣医さんの話はまったくでなかった。電話確認もしてないようだ。
逆にこちらの手術日を聞かれてしまった。あれほど説明したのに覚えてない。
かかりつけの獣医さんに電話して捕獲ほうこく。大きいケージなので麻酔のやり方を相談。
明日試してみることになる。

餌やりさんの精神が安定してない。コロコロかわる言い方に振り回されている。
せっかく手術までこぎつけたのに、地域猫にもっていくとか、
保健所で処分でいいとか。地域猫に知り合いがいるなら最初からそちらに頼めばいいのに。
これも妄想なんだろうな。一人では何もできないことは間違いなし。
もう一度ケージで捕獲できたとしてあの車では運べないし、積み込むことすら無理。
この事実を実際実行するまで本人はわからないかな。
もう適当にスルーしかない。

入院手術をするというので、猫の世話に関してアドバイス。
一番いいのは、元の場所に放して入院中水と餌とトイレを始末してくれる人を頼むこと
お金だせば、シルバーさんとか友人の方とかやってくれるのではと提案。
本人もそんなことをいってたし。それに関してはまたあいまいなお返事。
とにかく明日獣医さんに持ち込むまで油断できない。
 
 

のら日記

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 5月28日(日)19時45分28秒
  日曜日

ネコ捕獲 ただし捕獲箱ではなく大き目ケージで。これは餌やりさんしかできない方法。
大き目ケージの中に餌をいれて中に入って食べている間にそっと扉をしめる。
今回は捕獲箱で他の猫が何回もかかったのを見ている為、警戒して入らなかった為
この方法も同時進行。

獣医さんの予約は火曜日にもっていって水曜日に手術。ここで餌やりさんからまったが。
ケージに日曜日、月曜日 火曜日まで閉じ込めるのはかわいそうであり、自分も大変だと。
月曜日に他の獣医さんに電話してすぐに手術してくれる所があるならそちらでやりたいと。
これで獣医さんに捕獲報告して手術確定ができなくなってしまった。明日また夕方
おじゃまして、ケージのお掃除をする時にどうするのか確認。
(ケージの掃除はちょっとコツがいるので餌やりさんでは無理な為)
うーん手術の調整って簡単じゃないんだけど、とくに今回捕獲できなくて土曜日キャンセル
している手前、確定したあげくまたキャンセルはさけたい。それも他の獣医さんを使うなどと
なったら先生に申し訳ない。捕獲できなかったら、次の予定となっているので、もし他の
獣医さんを使うなら理由を言わなければならない。ちょと憂鬱。
もうどんなでも構わないから、早く手術をしたい。手術の行きと帰りに協力すれば任務完了。
 

のら日記

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 5月27日(土)20時31分48秒
  今日は土曜日

餌やりさんから連絡あるも、猫は捕獲できなかったとのこと。
捕獲箱を動かした時にしまってしまってやり方がわからないと。
また自宅に向かう。 やり方を実践してもらいしっかりと覚えてもらう。

獣医さんにキャンセルの電話。次の予定を確認。

捕獲箱の餌を変えて 2台しかけなおす。
大きめのケージの奥に餌をいれて中でたべてる所で扉をしめる作戦も餌の催促の時に
根気よく実行して頂く。
あとは運まかせ。 次の子猫がおなかに入る前に捕獲をしなければ。
 

のら日記

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 5月26日(金)22時55分43秒
編集済
  今日も忙しい一日。

今日も帰りは8時すぎ。昨日仕掛けた捕獲器には猫は入っていなかった。
中の餌を取り換えて仕掛けなおす。
餌やりさんが帰ってきて、お話する。捕獲器は猫が暴れてかわいそう。
もう猫自身を含めて4回も子猫や他の野良猫がかかっているのをみている。用心して
そう簡単にはかからないだろう。
大き目なケージに餌をいれて食べている時に扉をしめる。そういう提案があり、あいにく
私のケージは子猫のお試しに貸出中。新たに買いにでることに。
この方法は餌やりさんしかできない。猫が信頼し慣れてないと扉を閉められないから。

ネコ問題は人間関係。餌やりさんとのコミュニケーションはかかせない。
なんとか手術へのモチベーションを持ち続けてもらうのにあの手この手。
センターの先生が私にすべてまかせてというのを自分は何もやらなくても良いという
意味にとり、自分は手術のためにこんなに時間とお金と手間をかけていると。
ちがーう。先生は何もしなくてよいではなく、私の指示にしたがってほしいという意味。

仕事ではない。無料で手間とお金と時間をかけて、困りごとを解決する為に
頼まれてやっていることを説明。理解してくれたか疑問。
時々軌道修正が必要。ケージにしても中で食事させてその隙に扉をしめる。なのですごく
大きなものは不向き。運べないから。私の都合ではない。
もしかしてまた妊娠しているかもしれないから手術後にのばしてはとか、
それなら余計にくずぐずしている暇はない。子猫うまれたらふりだしに戻る。
そうなったらもう協力はできないと説得するも、自分で捕獲して高くても知り合いの
獣医さんにもっていって手術してもらえばいいことではと。ご自分でできるなら私は
もう毎日ここにくる必要もないのでそうしますかと。ただしその後にまたお願いされても
できませんよと説得。もし土曜日だめなら、これから獣医さんの手術日が空いている日は
すべていれて毎日捕獲。自分が捕獲するなら時間の制約と獣医さん
の予定が合わないとダメだけど、餌やりさんの自宅なら平日もできる。捕獲した夜に
獣医さんにもっていけばいいのだから。
 

野良日記

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 5月25日(木)21時25分22秒
  昨日は 忙しい一日。

捕獲器をしかけて 別の捕獲器にはいっていた手術済みの猫を別のエリアに搬送。
子猫お試しのお届け。なんやかんやで夜8時帰宅。


そして今日は痛恨の一日。
捕獲箱にターゲット猫確保。 しかし逃げられる。まさか捕獲箱をもちあげた時に
暴れられて斜めになった瞬間扉をこじ開けられるとは思いもしなかった。
実際どういう風にでたのか今もってよくわからない。
ああ元の木阿弥。 たぶん警戒しまくりで次に入るかどうかわからない。
やっと任務完了だと思ったのに。今週末の手術日までにはなんとしても捕獲したい。

最近は毎日餌やりさんの所に通っている。早く終わらせたい。
 

のら日記

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 5月23日(火)23時36分29秒
編集済
  ターゲットの猫ではない猫が捕獲箱に入っていた。どうしたものかと考えていたら、近所の人
に知られてしまい、処分をせまられた。餌やりさんが面倒をみていた猫でなく本当に偶然に
はいっただけ。説得をするもせっかく捕獲したのだから。ネコがいるだけで迷惑なのだと
ゆずらない。捕獲されなければ、処分などせまられるわけもなく、ただ野良ネコがいるだけで
すんでいたはずなのに。処分 遠くにおいてくる そのまま放す という選択肢。
そのまま放すはご近所さんが納得しない。餌やりさんは説得放棄で私がするはめに。
こういう態度で関係悪化するんだよね。
よくみたら耳カットされている、獣医さんにみてもらったらおそらく不妊手術されている猫
であると。結果私のエリアの地域猫エリアにもってくることに。
餌やりさんは私の提案に対して賛成をしてくれない感じ。無断でとか私は承認してないとか。
感謝されないまでも安心したとか、喜んでくれると思ったがなかなか難しい。
でもこれが最善でこれ以上の解決策は今は思いつかない。
ということで、よいお返事はもらえなくても強引にすすめる。どう考えてもほかに選択肢はない。
なんやかんやで夜9時帰宅。なんでこうなった。精神的に疲れた一日でした。
明日は忙しい。ターゲット猫の捕獲とのら猫の引き取り地域猫エリアへ、子猫のお試しお届け。
早く終わらせたい。ターゲット猫には餌は捕獲箱の中の餌があるので別でやらないように
しっかり言ったつもりだけど不安。かわいそうにとか食べさせちゃいけないのとか
今更なことを聞いてくる。捕獲の意味わかってるのか、わかってないのか。
ただ一つ救いなのは餌やりさん体の具合がよくなく、子猫飼うのはあきらめるよう。良かった。
 

のら日記

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 5月22日(月)21時34分45秒
編集済
  最後の子猫捕獲。病院で健康診断のみとり。あとは飼い主探し?
ここで問題 餌やりさんが親猫がかなり騒ぐのでノイローゼ気味に。
なんと親猫子猫処分でいいなどと言い出した。
でもその後でひきとった子猫にすぐに迎えにいくからなどといっている。
ご高齢でそこそこ体も悪いとなれば、室内で三匹の猫の世話などできないと思う。
小さいうちは可愛いで目がくらんでいるけど、いざ飼い始めれば、トイレの世話や
毛玉などの掃除や爪とぎなど、きちんと考えないと家が破壊されかねない。
ましてや家の中が物置かと思うような有様では押してしるべし。
室内飼いでも脱走する場合だってある。
野良ネコに餌とハウスを提供しているだけとは違う。多大な労力がいる。
たぶんそんなこと考えてないだろう。
猫は10年以上いきる。80歳以上で生きているかどうか、体は猫の世話ができるぐらいには
健康なのか。入院や手術など、その他留守にする時にはどうするのか。
これらを踏まえて反対したけれど聞いてないなあ。検査結果がよかったら迎にいくとか
なんとか。私の意見はどうやら右から左に抜けていったらしい。

もし飼うことになってしまったら三匹の子猫が手術するまで気が休まらない気がする。
獣医さんだってしらないだろうし。
今もかなりの頻度で電話がはいるし。飼う資格がない人っていると思う。
うまく説得できるだろうか。
 

野良日記

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 5月20日(土)22時21分40秒
  餌やりさんから電話が入る

昨日のお怒りが何もなかったかのよう。
悩んでいたのはなんだったかと思うような。何事もなかったような言動。
これさいわいに仲直りというか昨日のことにはお互いにふれず。
結果猫二匹ゲット。
ただ、餌やりさんが捕獲できないというか、する気がないというか、実行に移せないというか
やはり自分で捕獲することに。
現場ではこういうことが多々あるかな。あと子猫一匹。なんとかこちらのいうことを聞いて
頂き今度はうまくいきそう。
今月中に決着をつけたい。明日は子猫ゲット頑張る。
 

のら日記

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 5月19日(金)20時17分47秒
編集済
  今日も電話か入る

納屋の子猫がいなくなったとか、誰かがはいって子猫を持っていったかもしれないとか。
親猫が吐いていて、なにか悪いものを食べさせられたんじゃとか。
私が納屋に忍び込んでやったんじゃないかと疑われるとか、なんて想像力というか思いこみ
激しく、間違った方向にいっている。

私は今日は仕事。納屋になんていけるはずもなし。子猫だってよく確認しないといないか
どうかわからない。親猫が食べたものを吐くのはふつうのことだし。

でまた電話で子猫いましたとか。しかたなく現場にいって疑問をひとつづつ説明。
猫逃がさないためにも今すぐに鍵かってくださいといったあたりからおかしくなってしまった。
みている前で鍵かけてほしかったのだがそれが気に障ったよう。もし猫逃がしてしまったら
私怒りますよーっていったのもまずかったかも。
もう帰れ帰れといって胸をどんどんと押されてしまった。精神的に問題がありそう。
こんなで明日捕獲できるのだろうか。どんな人でもコミュニケーションがとれないと
ボランティアとしてはダメなんだろうけど、私が不法侵入したと疑われて、あげく暴力とか。
ありえないかも。このままお出入り禁止になるならすべて引き上げるけど、なんとか
ご機嫌をとれるなら、頑張る。猫のために。
 

のら日記

 投稿者:かずみ  投稿日:2017年 5月18日(木)20時11分31秒
  餌やりさんから電話が入る

猫のことよりご自分の近況ばかり。
やっと話してくれるも、納屋で元気に遊んでいるとか、捕獲にいきたいというととたんに
言葉を濁す。納屋にいたりいなかったりとコロコロと話がかわる。
私にまかせてくださいといっても考えておくといって逃げるように電話をきる。
餌やりさんの中にはこういう人がたまにいる。
いつまでも長引かせて終わらせない人。手術や捕獲は必要だとわかっているのに、子猫が
そばにいる可愛さと今自分にかまってくれるボランティアの存在。
猫がいる限り、かまってもらえる。たぶん見切りをつけてももし手におえないと電話をして
くるタイプかな。
今月中に決着がつかなければ、あの煮え切らない態度がかわらないなら、手をひくのもあり。
次があるとしたら全面的にまかせてもらえるならという条件つき。
どちらでもいいから早く捕獲が終わらないなか。
 

レンタル掲示板
/45